拝金教

尤氏意拳の神田真澄こと姜吉隆は 拝金教徒である。カネの不祥事を東京大塚の道場で起こして再三の使途不明金の返済を迫るも、いまだ謝罪無く、返済無く、東京大阪鳥取を逃げ回っている。 大本教信者を装い、実は宗教の教えを 自分の尤氏意拳の求心力としてい…

二丁の拳銃

私は一時期二丁の拳銃を家に持っていた事がある。当時はカリフォルニア州でも、殺人事件の件数が記録的に増えていた。ベトナム戦争が終わって、帰還兵がアメリカに戻り、トラウマを持つ帰還兵が事件を起こすケースが多くあった。 自分の身は自分で守ると言う…

誤解

私が当時東京大塚で私の名を使って 自分の好き放題に道場生をアゴで使っていた神田真澄こと姜吉隆を破門して道場生を取り戻した時に、神田真澄は私が 誤解している、と言ったそうである。 呆れた奴である。全てのウソが明らかになっても、言い逃れをする。私…

新年のご挨拶

皆さん、新年おめでとうございます。太田氣功道場は、私が帰国して以来、四年目に突入しました。今年から海外でも 講習会が開かれることになりました。海外で認められて日本で又認められるいつものパターンを構築することの方が早い場合もあると思い、全力で…

本年最後の糾弾

あのニセエセ団体尤氏意拳の宗家創始総師範はカネの問題を起こして、逃げ回って詐欺同然の行為に対して、何の謝罪もない。このままうやむやにして民事事件の時効を待っているようである。逃げ得は許さない。カネの問題どころか、 私から一カ月ほど習った瞑想…

最後の警告

これは鼻くそエセ尤氏意拳の生徒たちに対するメッセージと警告である。 神田真澄こと姜吉隆がどのようにお前たちを洗脳しているのか知らないが、 いわゆる、宗家創始総師範が鼻くそのようなインストラクターなどの肩書きを与えて踊らされているのだろうが、…

カネの亡者たち

今までアメリカと日本でカネの亡者たちを目が汚れるほどにたくさん見て来たが、私のネズミ大家と鼻くそ尤氏意拳の 神田真澄こと姜吉隆はその中でも最高位に位置する大バカ者のカネの亡者である。ネズミ大家は戦後の農地解放で無料で手に入れた土地を売却して…

太田氣功整体

私太田光信は脳梗塞患者の後遺症である手足の運動麻痺に私の技術と氣功のチカラで改善出来ることを確認しました。 よって、太田氣功整体を開設しますので ご興味ある方、ご家族に脳梗塞の方で後遺症に悩む方がいらっしゃれば、 太田氣功道場で私の連絡先をお…

九州講習会

九州講習会の日程が決まったので、 お知らせします。九州では初めての 尤氏長寿養生功の講習会となります。 九州で武術武道に携わる方、医療従事者及び氣功関係者、中国武術の経験者、氣に興味のある方、そして脳梗塞の後遺症に悩む方など、全てお集まりくだ…

来年は忙しい

来年のスケジュールが決まって行く。 タヒチの講習会を終えると九州講習会の予定が入っている。私には忙しいが、 同行する指導員はもっと忙しくなっているだろう。私にはありがたいことではある。良くはなっているとは言え、まだ 一人では電車飛行機に乗るの…

戦争と平和

北朝鮮の挑発行為と恫喝には私はもう我慢ならない。秩序と平和を乱す者は国家元首であれ、鼻くそ宗家創始総師範であれ、戦って平和を勝ち取らねばならない。国民を騙して利用して飢える国民がいる中で、自分だけブタのような身体を マスコミの映像に映させて…

テレビ出演依頼

帰国後三年にして、やっとテレビ局からテレビ番組出演の依頼が来た。また氣で 飛ぶか飛ばないかの検証である。またかとウンザリしながら対応したけども、良く考えると尤氏長寿養生功の名前を世に 広める良い機会であるのとあのおぞましい尤氏意拳との差を見…

私の大家

二年前に移り住んだアパートは築三十年をとっくに超えたボロアパートであった。畳の部屋の畳は波打ち、私の悪い脚には危険な部屋である。リビングの床は木がめくれてつまずくと危ない。シャワーから出て壁の角の木の枠を掴むと外れてしまった。電気をオフオ…

シェアハウス

私が現在最も望んでいる団体の解散である、あのおぞましいウソ武術団体尤氏意拳の神田真澄こと姜吉隆は今シェアハウスに住んでいると言う。私の一年に及ぶ糾弾と本来の実力が何もない事実で尤氏意拳は経済的に追い込まれているようである。 自分が信じてもい…

圧力

国連が世界の全ての国に向けて、北朝鮮と全ての関係、特に経済、外交を停止して関係を切るように通達した。さらに餓死する国民が出よう。私は全ての人に、神田真澄こと姜吉隆が主宰する尤氏意拳との関係を一切断つよう要請したい。今姜吉隆はシェアハウスに…

姜吉隆の洗脳

東京大塚で総師範と自分を格上げしていた神田真澄こと姜吉隆は道場生にウソの教育をしていた。私が日本にいないことをいいことに道場生にはウソをつき、 私のアメリカの本部が東京大塚の道場を乗っとってしまうぞ!と言っていたらしい。馬鹿げた話だ。私が私…

百歳倶楽部

私はアメリカで私の氣功道場を、それこそ今では日本の政府が人生百年時代とか言っているが、それより何年も前に 尤氏長寿養生功を百歳倶楽部と名付けて、師母のように百歳を超えて生きて 年金を出来るだけ長くもらいましょう! キャンペーンをローカルの新聞…

偽名神田真澄別名神田吉隆本名姜吉隆

以上の者の糾弾の記事を書く。私が帰国以来、このオトコの不正に対して、 ニセ武術尤氏意拳の解散とかすめ取ったカネの使途不明金の全額の返済を求めて今一度、糾弾の文を掲載する。私は 尤氏長寿養生功の太田氣功道場の主宰である太田光信である。私が欧陽…

太田氣功学校

太田氣功学校は来年四月までに太田氣功学校の第二期生を募集します。学生は 尤氏長寿養生功の基礎訓練を一年間かけて訓練して教師の資格を取った後に次世代の学生に同じ基礎訓練を教えます。 十人学生を集めると月約十三万円の副収入を得られます。武術関係…

新しい站椿

ドクター尤老師が王向斉老師から学んだ站椿は、当時、站椿にはいろいろな種類があって、一つの站椿を十五分行なうとまた次の站椿を十五分行なう、それが終わると次から次へと、ドクター尤は そのシステムを習った後、伝統を踏まえながらも次なる自分の創意工…

鎮魂

これは私の教授している尤氏長寿養生功を創立したドクター尤老師と、私の師であって ドクター尤老師の奥様であられた欧陽敏師母に向けての鎮魂で、 私への戒めと私のお詫びでもある。以下。 ドクター尤老師は意拳の王向斉老師に 挑戦して破れ、その場で弟子…

タヒチ講習会

今日パスポートを受け取り、少しずつ タヒチ講習会の準備が整いつつある。 テレビ電話であちら受け入れ側と連絡が取れて日程が決まった。なんでも合計全タヒチの武術武道の人間が一堂に会するのだと言う。百名の人数になると言う。これまでの講習会の中で最…

介護問題

最近、家族の高齢者の介護について 家族の負担が大きくなって問題が起きていると言う。私も帰国してから姉たちの世話になって、彼らの負担が大きくなり、老々介護になっていると言われた後からは二年前から一人でアパートを借りて一人暮らしを始めた。それ以…

人生

人の一生は命が尽きるまでは、何が起こるか誰も分からない。浮き沈みがあって、人間万事塞翁が馬のことわざ通りである。運命は幼少時に何不自由無く 育っても晩年に尾羽うちからしてあばら家に住む者もいるし、幼少期は鉛筆一本買って貰えない者は大変な金を…

自称武術家の人間性❷

武術家、武術団体を名乗ることには 長年の修行と資格が必要で、不可欠なものである。自分で勝手に名乗るのはバカかキチガイかよっぽどのウソつきである。 尤氏意拳の宗家創始総師範と名乗る姜吉隆はどれに当てはまるのであろう? 資格と修行が皆無であるのは…

宗家創始の人間性

私が再三、奪ったカネを返済せよ、と言っているにもかかわらずに一切の連絡無く謝罪もない自称宗家創始総師範の神田真澄別名神田吉隆本名姜吉隆の人間性を紹介しよう。若い頃、浪人生であった時に知りあったのであるが、私が五百人ほどの道場生を持ち羽振り…

師母の対応

尤氏長寿養生功の最大の道場生の目的は通氣になることであった。武術で言えば黒帯とでも言おうか。しかし、この通氣は単なる入り口で、そこからが修行の始まりである。通氣だけで終わりではない。私が通氣になったのは1992年であるから、二十五年が過ぎてい…

サバイバル

人生に何の保証無く、十八、九で単身東京の大学に行った私は、授業料と生活費の両方を何とか自分で工面するしか方法は無い。アルバイトの良いものは、東京出身の学生と裕福などこかのキリスト教会の牧師の息子達に先に取られて、割りの悪い遠方のアルバイト…

アルコール分解酵素

私はアルコールには耐性というか、強くはないが、飲む時の雰囲気が好きで、道場生と 訓練後に食事を取りながら、酒を飲むのが好きである。横綱が飲酒後、暴力行為があったことが問題になっている。 アジア人、特にモンゴリアン系、モンゴル人や日本人にはア…

野生のブタ

タヒチの島でこんな日本ではあり得ない体験をした。しばらくステイした島のジャングルに連れていかれて、ある場所で何かの動物が悲鳴をあげていた。ちょっと見たら、とっても大きなブタを解体している。あまりに大きく、見たこともない白い物体の野生のブタ…