私の幸せを分けてあげたい

私は私のこれまでの波乱万丈の人生を経て、ついに尤氏長寿養生功に出会って、 今幸せになった。太田氣功道場に集まる 道場生に厳しい訓練を授けて、今度は、 道場生に幸せになって欲しい気持ちで、 一緒に訓練している。尤氏長寿養生功に出会う前は私の事で…

人生の尊厳

これまで、私が言って来たことは 人生をどのように考えてどのように 切り開いて行くかという人生論で あった。普通一般に命の尊厳という 言葉があるが、私は人生の尊厳という 言葉を普及させたい。この日本の社会には何かの権威を傘に着て、弱い立場にある後…

宗教其の二

神の権威を使って人心コントロールせねばならない尤氏意拳の姜吉隆はそんなに 自分のチカラに自信がないか? 一方、私の率いる太田氣功道場には、女子道場生はそんなにたくさんはいないが、その氣の効果たるや、私が驚くほどの効果結果を出して、ジャンプの…

宗教とbrain control

宗教と洗脳は時折、新興宗教カルト 集団に良く見られることだが、私が 時々、触れる大本教、特に出口王仁三 郎聖師については、百五十年も前に 勁空勁と同じこと、ドクター尤老師がしていた超能力と同じことができる日本人 神道家で、私が興味を持って、深く…

人生其の三

私が私のプライバシーを公開したのは 愚痴を言う為でも、私の自慢話をしたかった訳でもない。人間がものすごい逆境 にあっても、そこから這い上がることが できるということを言いたかったのである。私は前述の貧困無学の両親と アメリカでの東洋人特に日本…

人生は素晴らしい

私は最近、私の人生を振り返り、人生 というものは素晴らしいものであると 思うようになった。私の生まれた家は、極貧で私の両親は共に明治生まれで、 特に母親は小学校も出ずに養女に出されて手に職をつけたけども、父と結婚して子供を四人も作り、生活は苦…

もう一つの若返り健康法

私がアメリカから帰国して、肉を食べることが多くなって皮膚が痒苦なり気になって皮膚科に行ってみたところ、ボディーソープを毎日使ってますか?と尋ねられ、はいと答えるとソープは毎日使わない方が良い。と言われて思い出した。 大本教の出口王仁三郎聖師…

神田真澄こと姜吉隆の瞑想

最近の瞑想ブームに乗って、我が尤氏意拳の超大先生の神田真澄こと姜吉隆は瞑想家として売り込もうと必死であるが、 この姜吉隆は瞑想のなんたることであるかも理解せずに、人前に出たくて たまらない。またもや、女性の集まる 美容サロンなどとコラボしてご…

生き甲斐其の二

生き甲斐の延長上に修練して、技術の練磨、自分自身の完成を目指すことがある のであろうが、そのためには、毎日の 訓練修練修行がどうしても必要となる。 私もこの尤氏長寿養生功を私の手に 委ねられてから、毎日の瞑想と修練を怠らない。欠かさないのであ…

砂浜を裸足で歩くこと

氣功の威力で患者に砂浜を歩いてもらって、足の筋肉をつけてもらって、完治した患者のことを話した。これには理由がある。下半身に異常が起こる場合、 その異常の箇所に邪気がたまり、氣が 流れなくなっている。砂浜を裸足で歩くと、砂浜が邪気を吸い取って…

生き甲斐

生き甲斐を持つ者は幸せである。 どんな時代にも生き甲斐はある。 学生時代に、社会人の時に、どんな時代にも何か熱中するものがあり、熱中できるものがあることは、辛いことなど、 気にせずに生きて行ける。心身共に 若い精神と肉体でその時代、その時代を …

氣功の威力其の二

もう一例紹介しよう。ある日、新患から連絡があり、歩くことが好きで、毎日 歩いていたが、急に歩けなくなって、病院に行って、頭のてっぺんからつま先 までチェックして、どこも異常無く、 原因が分からないので治療は出来ないと言われて医者から見放された…

氣功の威力

私には忘れられない治療がある。 治療院を開いていた時の2005年頃の 話である。ある七十代日本人老女がリュウマチ性腰痛で来院した。病院で不治の宣告を受けて、沖縄県人会の会長さんに強制的に連れて来られて、とにかく 騙されたと思って治療されなさいと言…

文質彬彬 ぶんしつひんひん

文質彬彬とは論語からの言葉である。 文は見た目のこと、質は中身のこと、彬彬は釣り合いの取れていることだ。 すなわち、外見と内面がバランスが取れていることだ。私がこれまでの人生で、武術の世界の人間は文質彬彬ではなかった。内面がカラッポな割に外…

神の微笑み

先回の記事で苦難困難を嘘や虚偽無くして真っ当に乗り越えた者は幸せであると言った。苦難困難を真正面から、真っ正直に立ち向かい、傷を負いながらも、解決した者には神が、天が、宇宙が微笑んでくれる。小さい幼少期の頃は、母親が喜んでくれるから、微笑…

堂々たる人生

人生は長いようで、短く、短いようで長い。人によって、さまざまであろうが、今生で、今持っている名前での人生は 一度限りであり、二度は無い。 人生は真剣勝負であって、やり直しは きかない。そんな自分の人生を生きるにおいて、自分の経歴や履歴をごまか…

お金より大事なもの

私の今までの人生の間には、カネ、お金が、欲しい、カネの為なら何でもする、と言った者がいくらでもいたそして、 嘘をついて、虚飾で身を包み、騙してでも、他人のサイフをあてにして、懐勘定までして自分のふところに他人のカネを入れようとしたものまで、…

知ってることと出来ること

誰でも分かっていることではあるが、 人が知らないことを教えられて、もう出来たと勘違いをする者がいる。古い文献を読んで、書いてあることを全て理解したと思い、自分はもう出来たと思い込む傲慢で無知な者がいる。誰にでも分かりきっていることだが、知っ…

道場生とのインドでの再会

インドの遠く南インド、トリバンドラム という避暑地で偶然にも、カリフォルニア州で教えた道場生と高級ホテルで、 バッタリと出会ってしまった。こちらはあちこち飛び回っているので、誰かには出会う機会はあると思っているから、 そんなことには驚きもしな…

私は人生をかけて、妻は命をかけた

私は妻が亡くなって、遺骨を日本に持ち帰り、埋骨の際、約束した。心に 誓った。この尤氏長寿養生功を日本にタネを撒き、育て、日本中に拡めることを。大塚の道場を任せたオトコの 反乱を鎮めてこの氣功の再出発を 残った道場生と一緒に果たすことを約束した…

私は宗家創始総師範ではない

私が一時期教えた者は自分で自分を 宗家創始総師範と自称している。 誰もそんな大げさな肩書きで呼んではない。師母も私もそんな名称をつけたこともその実力を認めたこともない。 自分一人で自分をそう呼ぶオトコのことを、何と言うのであろう?一人よがり、…

謎のインド人実業家

私がインドへ行く前のこと、イギリスで拳法の講習会があって、ホテルに滞在していたところ、インド人の紳士が現われてインドの武術についてお話ししたいと言う。何のこっちゃと思い、話を聞けば、カラリパイトを世に広めて欲しい、インドにもこんな伝統文化…

インドの文化

私はカラリパイトの調査でマドラスに 行ったが、この南インドでは、タミール語を話す。面白いことに、この南 インド人はタミール語と日本語に共通の言葉があるのだと言う。インド人は 自分達をアジア人、日本人と人種が同種であると本気で、そう思っている。…

カラリパイト其の二

インドは階級社会で、物乞いをする者は両腕を幼児の時に切られて、一生物乞いをする者も多いと聞いた。物乞いは悪いことという認識はインド人にはない。 先輩上司は両腕のない物乞いが来て 頭と目で私は腕がない。お金を恵んでください、と訴えても気持ち悪…

ブルースリーの住んだ町

私が住んだことのある黒い肌の黒人の町と先回 言ったが、その町とは、あのブルースリーも住んだこともある、オークランドである。サンフランシスコの対岸にある港町である。中華料理が美味しいチャイナタウンがあり、氣功を習い始める前に住んで、良く美味し…

時効のカラリパイト調査

あれは1981年のことであった。インド にも武術があって、イギリスの国営テレビ局BBC の紹介でインド武術カラリパイトの調査でインドへ渡った時の話である。35年も経って、関係者がまだ生きているか死んでいるのかもわからない。時効となった話だ。カラリパイ…

現在私の打率は九割である。

三十年ほど前に、あるテレビ局の番組に 呼ばれて氣の存在の検証の為、初対面の者を投げ飛ばしてみろと言われて、 無謀にも、私は投げ飛ばしてやろうと決意を固めて番組に登場したのである。 当時、私の技術と氣のチカラは今よりもずっと弱くて小さかった。テ…

氣功と感性

これまで、私が関わったテレビ局の番組を通じて芸能人や芸人の中には、私と氣 の交流をして、その芸人達の何人かは、 本人の感性が大幅にアップして、全く 今迄の世界とは違う分野に進出し、 大成功を収めた者がいた。紹介しよう。私が全国放映の番組で人気…

人間の資質

政治の世界では、全く資質の無い者でも大臣になれる。アメリカで同じことが起きたら、大変な結果になるだろう。 日本は平和な国だ。大臣がおバカでもなかなかクビにならない。我が武術界も同じことが起きている。おバカでも資質の無い者でも、宗家創始総師範…

前へ

明治大学ラグビー部に名物監督がいて、 どんな時でも、何か一筆と乞われると いつも、「前へ」と書いた。私は この言葉が大好きである。ラグビーの 要訣を一言で表している。意拳の要訣と同じである。意拳は何があっても、前に 出ろと教わる。相撲と同じであ…

立派な体格の在日コリアン

あ、またあいつの話かと、愛想をつかされそうであるが、あいつがどんな人間であるか言わざるを得ない。神田真澄こと姜吉隆は、確か、184センチメートル、体重は80キロほどの大男である。決してチビの在日コリアンではない。良性遺伝は身体、肉体だけで、精神…

人間の見栄と嘘

在日コリアンボクサーは嘘や虚偽もなく、偽名や日本名で本名を隠すことも無く、在日コリアンとして、堂々とリングに登場して自分の境遇に真っ向勝負して試合で負けて、自分の境遇と人生に勝った。ボクシングではチャンピオンにならなかったが、自分の人生の…

感謝

私がこの在日コリアンボクサーから、 学ぶことはたくさんある。 なぜパッキャオとの壮絶な殴り合いの 後に介護士になって、日本の社会に 貢献したいと思ったのか? 良く考えて見た。感謝であったのだ。 チビの在日コリアンとバカにされて、 数限りなく殴られ…

其の三人生の勝利者

元プロボクサーの在日コリアンの介護士は歌も読む。自分の心の底にある自分の気持ちを二十一文字にしたためる。 ボクサーでありながら、教養人でもある。彼の持つ質に私は頭が下がる。幼少期、少年時代にどれだけの差別を受けて、何回チビの在日コリアンと言…

人生の勝利者其の二

在日コリアンでプロボクサーの後に 介護士となって、パッキャオを殴った手は、現在、老齢認知症患者の肩を揉んでいる若者は試合では、敗者となったが、 人生の勝利者と成った。方や、私が 軽蔑する尤氏意拳宗家創始総師範と云う長たらしい肩書きだけを並べて…

日本人よ怒れ!

安倍辞めろ、安倍帰れ、の有権者に対して、首相は、こんな人達に負ける訳にはいかない、と言った。久しぶりに日本人が怒りを声に出しているのを見て、頼もしく思った。良いことは良い、悪いことは悪い、とする日本人が卒直に素直に感じる声を出すことは大事…

オンマニベメフム、オーミートーフー

師母は、毎日、唄うようにして chanting をしていた。仏教徒なのだ。日本人には聞き慣れないオンマニベメフムはサンスクリットかチベット語か分からない。六字真言と言って日常生活のあらゆるところで、唱えられる真言の音律言葉で浄化するさせるチカラがあ…

キチガイ金正恩と姜吉隆

日本に向けて、国際法を無視して、何十発ものミサイルを打ち続けて日本人を殺害して構わないと公言するキチガイ金正恩と日本の法律の網の目を潜り抜けて、奪うように供出させたカネの返済を拒む両者は日本人の財産生命を脅かす存在である。言うなれば、毒ヘ…

私は欲張りである

私は、今幸せの絶頂にあるが、私は欲張りで、もっと幸せになりたい。そう、 私は欲張りなのである。生きている間に、自分を幸せにするものに囲まれたい。自分を幸せにする瞑想を毎日、死の直前まで続けたい。しかし幸せになることには努力勤勉が必要である。…

私は訴えられても構わない

ついに私の堪忍袋の緒は切れて、犯罪同様の行為を犯した男の本名を公開することに決めた。これだけ私が糾弾しても自分で本名を明かさないからだ。本人なりの理由はあろう。しかし、未だに謝罪と借金返済計画についての言及もなく、鳥取に逃げたまま、神田真…

自分を生きる

本来の自分の人生を生きる者は幸せになれる。若い内は本当の自分が何をしたいのか分からない。自分が欲する職業や カネが儲かることに惑わされて好きでもない仕事をしてしまう。定年退職後に ずっとやりたかった趣味に熱中して、 プロ並みの腕前になる人もい…

因果応報

カネが欲しい、有名になりたい、人前に出たい、特殊な武術の系統を受け継ぎたい、イケメン で女にモテたい、これは何であろうか?これでは俗欲の権化ではないか?こんな人間性の者が尤氏意拳の宗家創始総師範の大先生だと言っている。瞑想家だと言っている。…

潮目は変わる陰陽の哲学

政治の世界で潮目が変わった。 陰陽の哲学は古代から陽の時にポチが 発生して穴が開いて、陰に変わっていく。日本の言葉では、奢る平氏は 久しからず、と言うことになろうか。 私がアメリカにいた間に私にすり替わって、尤氏長寿養生功を中身の無いカタチだ…

イケメンの顔と醜い人生

以前、テレビに出た尤氏意拳の神田真澄こと神田吉隆ことカネだよ吉隆はテレビにイケメン気功師と紹介されて、大変気に入っていたようである。顔と氣功のチカラ、実力は関係はない。今の神田真澄ことカネだよ吉隆は掠め取ったカネの返済を拒んで、鳥取に逃げ…

意拳の基礎訓練を教授しませんか

我々尤氏長寿養生功の太田氣功道場では、中国意拳の王向斉先生の直系であるドクター尤老師、欧陽敏師母の教授されていた意拳の基礎訓練をこの私、太田光信が長年の修行の後で日本に持ち帰り、今現在日本で尤氏長寿養生功として健康長寿を目的に氣功として教…

策士策におぼれる

権謀術数を用いて、尤氏長寿養生功の日本での乗っ取りを企てた尤氏意拳の神田真澄こと神田吉隆ことカネだよ吉隆は嘘と虚偽で己れを虚飾で飾り、社会を誤魔化して楽に生きようとしている。稀代の策士である。しかし、今現在、私に真実を暴かれ、醜い人間性を…

学歴と人間性

このハゲー!と歳上の秘書に罵声を浴びせた国会議員は東大出身で、自分をまるで、日本社会の上流階級の特別な人間で、ハーバード大学にも留学した才女と思っていたらしい。私にも同じような経験がある。またもや、ハーバード大学卒業のアメリカ人であったが…

かつて私を父と呼んだオトコと今父のように慕ってくれる男達

かつて歯の浮くような言葉をたくさん用いて私を父と呼んだオトコはカネの切れ目で縁は切れて、以前、このオトコのせいで連絡を取れなかった男達は今太田氣功道場の指導員になって、一枚岩の心で結ばれて、私を父のように慕ってくれる男達に囲まれて、私は無…

皇漢医学について

あの欺瞞に満ちた尤氏意拳の神田真澄こと神田吉隆ことカネだ吉隆は自分の経歴に皇漢医学を学んだと言っているが、私にはさっぱりわからない。皇漢医学とは辞書で引くと、いわゆる漢方のことである。また、嘘をこいてる。漢方を本格的に学ぶ為には医学部或い…