太田氣功学校学生募集

最近の太田氣功道場の世界への挑戦は思いもかけずにトントン拍子に進んでおり、日本全国制覇の夢も叶え無くてはいけない。そこで、戦術というか、太田氣功学校のカリキュラムを変える決定をしてもっと単純明解に、もっとシンプルで、強力なカリキュラムに変…

一点の曇りも無いか?

尤氏意拳と称する武術団体には立ち上げる時には何の良心の呵責無く公明正大な心でこの武術を立ち上げたのかその生徒たちは宗家創始総師範と豪語する姜吉隆に聞いて見るがよい。私が推測するには、何も答えることは出来ないだろう。 カネを返さずに私に破門さ…

自浄能力

自浄能力の無い組織は崩壊する。私は尤氏意拳のハナクソニセ武術団体の生徒に直接会って自称宗家創始総師範の姜吉隆の行為犯行のカネの不祥事を訴えたことは何回か以前にあった。ニセモノでも構わない、役職をもらっているのでこのままやっていきます。と言…

組織団体のイメージ

日大はイメージはアメフットの事件の後に日大のイメージは地に堕ちた。組織団体の長は責任がある。どんなことにも誠実な対応が必要とされる。ウソと保身と見栄と虚偽とカネ儲けと詐称の武術団体の尤氏意拳のイメージも初めから地に堕ちている。そもそも武術…

私は差別主義者か

尤氏意拳の神田真澄こと姜吉隆の犯した事件の処理の責任を果たそうとこの一年間このずる賢いオトコを糾弾して来てはいるが、今でも、何の回答と反応は無く、このオトコがカネに関する事件を犯した時もそうだが、自分の本名を使わずに私の名前を使い、隠れ蓑…

大学体育系の体質

今回のアメフットの事件に限らず、大学体育系の体質と云うものは前近代的なヤクザのヒラキーの構造で、特に武術武道の部活では四年天皇、一年奴隷といった信じられない階級制度も下級生を縛り、部活を辞める時には制裁を受ける時がある。 私も日大体育会系の…

保身

大学アメフットの暴力試合の選手の涙ながらの謝罪の一方で、責任者の監督コーチの謝罪会見での保身に満ちた態度は指導者として許せぬものであった。選手が勝手に命令を誤解したと言う弁解と言い訳で、選手一人に責任を負わせる卑怯なオトコたちである。私が…

ウソと真実

尤氏意拳の大先生神田真澄こと姜吉隆はウソと虚偽ででっち上げた武術団体、その内容実体は日本拳法で、自分ででっち上げた自分を恥も無く、宗家創始総師範と名乗っている。が、真実の全ては、一時期師匠であった私、太田光信が一から百まで知っている。二十…

指導者の質

アメフットの凶暴な監督が部員に相手チームのクオーターバックにケガさせろと命令して実際膝に全治三週間のケガをさせた事件後に監督が謝罪を渋り逃げた態度を見て、私は何と醜い潔くない指導者であろうか?と憤慨している。この場合、指導者が勝つ為には手…

Mahana Project

太陽のことをポリネシア語ではマハナと言う。私は今タヒチの太陽の光を利用して発電をして電気を作る太陽光発電設置のプロジェクトを Mahana Project と名付けて資料情報を集めて猛勉強をしている。私の住む島の全ての家庭に発電機を設置して電気無料の未来…

心身変革、社会変革

タヒチでは、すでに三島に支部が出来て、昨日シンガポールで講習会が予定された。将来、シンガポールにも支部が設立されるだろう。タヒチに於いては、個人の健康と長寿を目指した活動を続けて行くが、同時に太陽光発電で化石燃料を燃やさないで、自然界の再…

償い

殺人を犯して捕まれば、罪を問われて 償いをするのが一般社会常識である。 ではカネを借りて、借用書を書い てカネを返済しない場合はどうなるか?また自分の名前ではない名前を使ったらどうなるのであろう。 何遍も言うが、ハナクソ尤氏意拳の神田真澄こと…

シンガポール講習会

今日ビデオ個人教授の面談があり、シンガポール講習会の予定が決まった。十一月のタヒチでの静養と治療の帰りにシンガポールに寄ることにしている。尤氏長寿養生功太田氣功道場はますます発展拡大を続けている。何もそうしようとしている訳でも無く、良い縁…

太陽光発電

私がタヒチに行くたびに感じていたことは、タヒチの太陽の光の強さである。ある日, あまりに暑くて服を着たくないなと思いパレオというタヒチの布でふんどしを作り、ランギロア島で釣りをしていたら、身体が真っ赤に焼けて、その晩にお尻の皮が剥けて寝るこ…

アンフェアと悪徳武術家

スポーツの世界でのアンフェアな行為が問題になっているが、そんなアンフェアな行為は別にスポーツの世界だけにあるのではない。武術武道の世界でも起きている。 いつも言っている、尤氏意拳明光武道の 神田真澄こと姜吉隆はアンフェアな悪徳武術家と言える…

未来への挑戦

タヒチの島の人々は笑顔が良く似合う。 タヒチアンの先祖はアジア人であると言う。だから、何となく日本人には親しみ易く、南洋の島国のせいもあって、おおらかで冗談好きでフレンチとチャイニーズの文化が入り混じってエキゾチックな雰囲気もあり、一種独特…

支部開設の原動力

現在、タヒチにおける急速な支部開設の原動力となっているのは、私の弟子であるテッコンドーの先生であるリカルドという道場生のチカラによるものである。彼は現地のポリネシア人で、祖母の妹さんがアメリカの映画俳優のマーロンブランドの奥さんであった。…

人類の敵は人類

アメリカでは高校であいも変わらず、 銃で殺人が行なわれて日本では無差別にナイフで切りつけられる。文明の極を迎えて、人間同士が傷つけ合い、殺しあう。生命や財産を同胞から奪う鬼畜のような人間が増えて来ている。尤氏意拳の神田吉隆も師匠の私と私の道…

タヒチ三島制覇

今日タヒチの弟子からテレビ電話で連絡あり、タヒチ三島にすでに支部が出来たと言う。ビックリしているが、島の市長が道場建設に興味を持っていると言う。 あまりに早い展開に戸惑いながらも、今年十一月のタヒチでの静養を兼ねた治療を行なうタヒチ訪問時に…

歪体と歪心

私の東洋医学治療では、最初に身体の歪みを調べて、その歪みを矯正することに主眼を置いて治療をするのだが、身体の歪みは意外に早く直し戻せるのではあるが、心の歪みはなかなか直せない。幼い時に受けた心の傷はトラウマになったり、あることにこだわり、…

奇跡の復活

六月に私の膝の手術の日程が決まり、一安心している。手術前の今現在、膝の具合がとても良い。痛みは減り、歩き易くなって歩幅が大きくなった。これで膝裏の動脈の手術が終わったら、血液の循環が戻って、足のむくみや痺れが改善するはずだ。血流が良くなっ…

包囲網

尤氏意拳を取り囲むように少しずつ確かに嘘っぱちの武術団体尤氏意拳の包囲網が完成されつつある。放って置いても、自然に崩壊することなど分かってはいるが、自主的な解散と肝腎なカネの返済を促す為にも完璧な包囲網を構築せねばならない。この破廉恥で誠…

心身革命

言うまでもないことだが、身体を変えないと身体の中身である心、精神を変えることは出来ない。私が習得した尤氏長寿養生功の根幹を成す修行の大半はもう承知のように瞑想であった。つまり、意拳の意の部分である意念を徹底的に鍛えることであった。立っては…

ゴネ得

私が予想していた北朝鮮のへ理屈とゴネを駆使したいわゆるゴネ得が始まっている。何かと難癖つけて得しようとする手法だ。北朝鮮以外にも同じゴネ得しようとしぶとく頑張る者がいる。スポーツの世界でルールを守らないタックルをかまして相手をケガさせる為…

挑戦

人は人生において、誰しも何か挑戦するものを見つけて挑戦するであろう。 挑戦することによって、自分の人生をより豊かにする為に挑戦するのではないか?困難であればあるほど、克服した時にはより大きな達成感を感じる。人生を生きる醍醐味である。また僭越…

氣とマナ

氣の概念はタヒチにもあった。マナと呼ぶ。タヒチアンのご先祖様はアジア人でラピタ人と呼ばれる南アジア人の人種らしい。それに台湾の部族の血が混じっている。そのせいで万物にエネルギーがあって全てを支配するとの哲学を先祖代々持っていた。今ではタヒ…

私の弟子は宝もの

中国武術に於いては、弟子になることは難しい。私が師母の弟子であったとは思えないが私には今、私にとって、宝ものと思われる弟子が日本とタヒチとアメリカにいる。私を公私にわたり助けてくれるからである。すでにタヒチには二人いて、彼らはもう私の意を…

人間の叡智とワザ

人類誕生以来、人類、人間はさまざまな経験と苦難を乗り越えて知識を蓄えて 革命的なワザを開発して来た。武術の 神技と言われる領域のワザや叡智もその一つである。特に尤氏長寿養生功の妙技の勁空勁は相手に触れること無く、投げ飛ばしたり、コントロール…

利己心

今の時代だけに限らず、どんな時代にも 自分だけの利益のみ考えて行動すると物事を達成することは出来ない。なぜならば、我々は社会の中に生きているので、相手がいる。自分だけが生き延びて他人はどうでも良いということでは、社会が成り立た無い。やはり共…

執着強欲と誇り

マスコミを賑わす世の中の事件の根幹の原因は人間の持つ執着と欲望を制し切れずに一線を超えて、犯罪を犯してしまうことであろう。人としての常識的な誇りを持っていれば、そんなことにはならないはずである。カネ、オンナ、セックス、名誉心、嫉妬、怒り、…