幸せの方程式

今現在、私は毎日が楽しくて嬉しい幸せな日々を過ごしている。私には幸せの法則、方程式がある。それを教えよう。尤氏長寿養生功をスタートした時に直観的に気づいたのであった。尤氏長寿養生功を初めて訓練して得た感覚は、これを以前、ずっと前にやったこ…

令和二年最初の講習会

一月講習会が今日開催された。勁空勁の成功率はまた、百パーセントであった。参加者全員が私の勁空勁で投げ飛ばされたのである。参加者の一人は肩の腱断裂で手術後に腕を挙げることが出来ない。そこで太田式氣功整体の施術をしたところ、腕は急に高く挙げら…

専門バカ

三十年ものあいだ、社会と隔絶した生活を送って氣の世界に浸って生きて来た私は専門バカで、毎日見る顔は師母と私の患者と道場生しかない。日本に帰国してからも手術後のリハビリと道場生の付き合いしかない。氣の世界以外、何も知らない。ただ師母の教えだ…

旦那の浮気

私のアメリカのオフィスにある日、眼のつり上がった老年の女性が来院して食欲不振を訴えて治療依頼があった。治療を開始したが、一向に良くならないのである。言葉にはきついものがあったので、世間話をしたところ、旦那の浮気があってそれが気になって食欲…

お先に失礼天国へ、タヒチの微笑み

私が22歳の時に渡米してから四十五年間もアメリカに在住して世界中から集まった外国人を見て来た私は日本人を外側から見るようになって、長所、短所を敏感に感じることとなった。日本人は謹厳実直で、真面目な性格のせいか、重箱の隅をつっ突くような性格が…

空海の通った道

私は空海と私を同等にして比較するなどという大それた考えは、もちろん無いが、尤氏長寿養生功が密教の瞑想をしている限りは、仏教の修行と同じことをしているので、その瞑想中に感覚的に起こる出来事は空海が経験したことも我々は経験しているはずである。…

分相応

自分の不充分な実力と能力で自分に見合わぬモノを追いかけて、カネと売名、自己顕示欲に執着して自分の道場を開いた者たちは、自分の身に不相応な部分を隠す為にはウソと虚偽で自分のボロを隠すしか方法は無かった。人生を自分の身に不相応なモノを引きずり…

Traitement ManipulateurJaponais

日本語の、太田式氣功整体をフランス語に直すと、こんな言い方になるらしい。さしづめ、日本の整体治療と言うところであろうか?この太田式氣功整体治療を尤氏長寿養生功を弘める手段として痛みや病氣に苦しむ人々を助けながら、日本全国、タヒチに本拠地を…

人体の驚異遺伝子は変えられる

医科学的には、遺伝子は生きているあいだには変えることが出来ない、というのが通説であったが、実はそうではないということが医学的に分かって来た。遺伝子のDNAの中には病氣に対する抑制スイッチがあることが解明されて、その抑制スイッチがオフになると、…

タヒチ医療事情

タヒチには島が百もある。遠隔の島は首都Papeeteから飛行機でも何時間もかかるほど離れており、無医村の島もあるようだ。タヒチアンはフランスの医療をあまり信用していない。病院の手術を失敗することが多くて術後の後遺症がある患者を何人も診察したことが…

水鳥

今日も幹部道場生に言ったのであるが、我々は水鳥のようにあらねばならない、と。何故ならば、水面上に浮かぶ水鳥はのどかにスイスイと楽そうに泳いでいるように見えるのだが、水面下の足は指と指の間にある水かきを使って懸命に水を漕いで前に進んでいる。…

結果で証明y

口先だけで、自分たちの経歴、履歴を誤魔化す者たちが私の道場からコソコソ抜け出て、道場を開いてニセモノになったのだが、1990年ごろに私がテレビに紹介されると、「氣」について何も分からない者たちが口やかましく ヤラセだとか、催眠だとか、訳の分から…

個性を大事に

日本人は真面目で几帳面な性格だが、そのせいか自分たちの規格に合わないモノを排除するようである。マルのものを四角に収めることは出来ない。マルいものは転がるようになっており、転がるところに長所があって四角のものは四角の特性があるだろう。人間の…

タヒチ移住再燃

さまざまな事情により、タヒチ移住は断念せざるを得なかったのであるが、私が太田式氣功整体を創立したことによりタヒチ移住が可能となった。幾度もタヒチか和歌山龍神村に行く行かない、とみんなの氣をヤキモキさせた訳であるが、道場の中の事情もネコの目…

向上と進化

私は大学の時に少林寺拳法を始めて最終的に本部の専門学校の教官兼国際部長となった後に少林寺拳法を離れて尤氏長寿養生功に入門したのであった。武道に限らず、もっと上手く、深く研究したいと向上心を持つことは当然なことである。武術以外の分野であって…

才能

才能とは何であろうか?生まれつき持っているものであるか?環境によって培うものか?私の経験から考えると、そうではないと思われる。世の中で習うもの全ては、以前習った経験の無いものであるから、どうせ習うならば努力して一流にならねばならない。私の…

泥に咲く花、岩に咲く花

蓮子の花は真っ黒で汚い泥に根を張り、真っ白な花を咲かせる。イワギキョウは高山植物で固い岩の割れ目の中の少ない養分できれいな紫色の花を咲かせる。人間も同じように、貧しい家に生まれて、恵まれた環境に居なくても、持って生まれた能力と才覚で雄々し…

氣に人種国境の壁は無い

私の先輩アメリカ人に私の日本での勁空勁の動画を見せた時に、お前が勁空勁を打てるのは、日本人だけだろう、と理屈に合わないことを言った者がいた。呆れたものの言い方であるが、医学や科学には国境は無い。アメリカの医学や日本の科学とか、フランスの医…

師兄のアドバイスとニセモノの業、カルマ

去年師兄史先生の来日の折に私は重大なアドバイスを受けた。基本的な形が男女で使い分けられていたのである。私は翌日すぐに道場生に伝えて間違いを是正した。私は教えられた通りに教えていたのであるが、ニセモノは間違ったことを教えていることになる。ニ…

柔道金メダリストの肘

柔道金メダリスト吉田秀彦選手が、オリンピックの試合で相手に投げられた時に手をついて二人の体重を受けて、肘を損傷したことは覚えているだろう。私はあるテレビの番組で吉田選手の肘を治療したことがある。彼が肘を曲げても肩に指は着かなかった。私が勁…

戦争、経済、瞑想

戦争、経済の危機、は周期的に我々に襲いかかる。アメリカでは、景気が悪くなると景気を良くする為に戦争を起こすことが囁かれる。十年に一度、戦争の周期があると言うのだ。日本も大戦後すぐに朝鮮動乱とベトナム戦争で驚異的な経済復興を成し遂げたのであ…

金の指輪と写真

私が師母との最後の練習を終えて翌日には日本へ帰国しようとしたその時に、私が金の指輪と師母の若い頃の写真を頂いたことは以前のブログにも書いていたのであるが、大事なことであるので再度このことについて触れようと思う。師母が教えて良いとか、指輪と…

大家の顔色

大家の顔色と言っても、私が私の大家の顔色を伺っているという話では無い。会いたくはなかったが道でバッタリ出会ってしまった。顔を見ると、顔色は赤黒くあ、肝臓腎臓が相当悪いんだな、とすぐに判断できたのである。東洋医学では五行陰陽説に従い、内臓と…

近視

近視も東洋医学の治療の範囲内である。完治には至らないがかなりの改善は出来る。目の回りのツボに鍼をすると近視が改善し始めるのだが、面白いことに太田式氣功整体でも同じくらいに改善できる。さらに興味深いことに、簡単な体操で近視がその場で改善され…

思いやりと助け合い

アフリカに人類の祖先が誕生して人類が進化する前の脳は、今と比べればずっと小さく本能で食物を求めて大型肉食獣の餌食になる場合も多かったのであるが、肉を食べるようになった頃から集団の助け合いが必要になり、思いやりの心が生まれるようになった。人…

心と天国

死後に天国に行くか地獄に行くかは、現世に於ける心のありようそのままの心が反映するものである、と私は習ったのであるが、現世に於いても、同様に心のありようが幸不幸を決めるのであると私は思う。カネとモノをたくさん持つことが幸せだと思って尤氏長寿…

Force

大晦日にStar Wars を観に行った。 Forceと言われるエネルギーで物体を動かしたりする勧善懲悪の宇宙戦争の映画であるのは知っているだろう。最初の頃にはヨダという瞑想の師匠からForceを習うシーンがあったのであるが、身体の小さなヨダは私の師匠、師母を…

哀れで気の毒な者たち

私の太田氣功道場からコソコソと抜け出て自分の道場を開いた者たちに対して私は怒りを当初持っていたが、今は怒りは消え去り、前を向いて太田式氣功整体を中核にして日本全国と世界へと展開中である。思うに、この者たちは、自分の生活と人生に自信と誇りを…

Hypoglycemia 低血糖症

低血糖症は厄介で面倒な病気で、特に若い女性に知っておいてもらいたいと思う。これは誰にでもかかる病気で低血糖症になるとさまざまな症状を引き起こすことになるので、覚えてもらいたい。血糖値をコントロールできなくなって血糖値が高くなり糖尿病になる…

幸せと愛のホルモン

過剰なストレスを受けるとアドレナリンやコルチゾールが体内で放出されて血圧を上げたり、うつ病になり、健康に害を及ぼすことが知られている。このコルチゾールとアドレナリンの放出を減少させるホルモンがオキシトシンとセロトニンである。最近、この幸せ…