読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横綱と私のケガ

最近、とても話題になった横綱が左腕の大怪我をしながらも優勝して有名になった。横綱と私を比較するなど、とても僭越で申し訳ないが、同じようなケガをしたとして聴いて欲しい。実は私も左腕を大骨折をして、今思い起こしても無謀なことをしてしまったと反…

リラックスと緊張

勁空勁の際、相手を吹き飛ばすほどの氣の力を作るには、リラックスと緊張が必要である。野球のバッターを見て欲しい。ホームランを打つ前はジッと構えて動かない。そして極限まで体の力を抜く。体を緩める。好きな球が来た瞬間、体の筋肉を一気に爆発させる…

お願い其の二

後援会の件であるが、入会いただいた方には特典がある。後援料は年会費一万円だが、講習会に一年に一度、無料で参加できる。誰よりも優先的に参加できるのである。この類い稀な東洋の至宝となる尤氏長寿養生功を絶やさぬよう、後世に残せるようにこの武術文…

お願いがある

以前からホームページにも掲載しておいたのではあるが、皆さんにお願いがある。動画と太田道場後援会のことである。このブログ記事開始の主旨はあのニセ尤氏意拳の団体の糾弾であった。今ではたった五ヶ月ほどでトータルアクセス件数が五千回を超え、かなり…

人生哲学其の二

私が修行開始の時に感じたことは今考えるとそれは、私の直感であった。実はこれが非常に大事である。誰かを好きになるのに論理や方程式が必要だろうか? 最初の印象と直感で決まる。氣功は氣の鍛練であるので直感で始まり、直感で終わる。直感が全てである。…

私の思い出の人生哲学

今でも忘れられない修行の思い出がある。そしてその思い出は私のそれからの人生哲学となった。当時、少林寺拳法を辞めて、何か良い私に意味のある武術を探していた頃であった。尤氏長寿養生功の師母のことを聞きつけた私は、スグに師母に入門の許可を願い出…

恩を返すイヌ、恩を仇で返す人間

以前、ホームページでも言っていたので、読んだ方や動画でも見た方もいると思うが、私がタヒチに行った時のことである。泊まった小さなホテルの私の部屋にウロウロしていたイヌに一度だけエサを与えたのだが、翌日夕方に私の妻と食事に出かけようとした時、…

筋肉其の二

筋肉は年齢を問わず、鍛えることができる。例え百歳になっても鍛えて効果のあるものである。筋肉を鍛えると筋肉が硬くなると思うだろうが、我々の氣功の站椿とジャンプを長年経験すると、使う時は硬く、使わない時は綿のように柔らかい。つまり硬くて柔らか…

筋肉を鍛える意味

どんな人間の身体活動では、特にスポーツ、更に武術においては、目的を達成する為の筋肉の養成が必要になる。当たり前のことである。一流のスポーツ選手、野球とサッカーに例を挙げよう。例えばイチローは四十を過ぎても、まだプレー出来る身体を保持してい…

コツ其の四

勁空勁の技術的内容を説明して来ているが、いくら技術を習得しても基本を作らねば、砂上の楼閣となる。尤氏意拳の宗家創始総師範がそうである。写真の立ち姿を見ただけで、脚は太く無く、ツルの脚のようなぶざまな姿を晒している。これでは、満足な勁空勁は…

コツ其の三

我々のこの類まれな勁空勁のもう一つの大特色は、勁空勁時に、飛ばされる側はジャンプをするのである。このジャンプは、太極拳の震脚と言うのがあるが、震脚は片足でするものであるが、我々のジャンプは両足である。私がジャンプする前に先輩のジャンプを見…

勁空勁其の二

もう一つ、全身全霊で押す、同じように相手とコネクト、氣の繋がりを結ぶ。これは大事である。全心全霊と言うと緊張して歯を食いしばってしまう。それでも構わない。押した時の一時にすべきである。その後、リラックスすることである。そうすると緊張とリラ…

勁空勁のコツ其の二

三十年ほど前に、私が日本のテレビ局に呼ばれて、この氣功の勁空勁を見せた時、たまたま日本が超能力ブームで、ある超能力者が私がやっているワザを隣りでジーッと見ていて、次の日だったか別のテレビ局の人気番組で同じようにはい、目を見て、目を見て、と…

勁空勁のコツ

勁と空勁の手順についてはすでに述べた通りである。両方共にコツがある。リラックスすることである。リラックスしろと言ってリラックスできる者はいない。頭のてっぺんから足の爪先までリラックスするのである。これは難しい。特に武術家は筋肉は硬くて肩に…

神田真澄こと吉隆の告発歌

そんなにもカネが欲しければ名前を変えよカネだ吉隆。 逃げに逃げ酒メシ美味いなら食えよ ムショの臭いメシ。 この一連の告発歌は、私と道場生の怒りとドクター尤、師母の見えない怒りと相まって、私の熱情と筆を借りて形となったものである。犯罪スレスレの…

神田真澄こと神田吉隆に名前を送りたい

尤氏意拳の神田真澄こと神田吉隆は偽名を使うことが好きなようである。私の告発にも関わらず、神田吉隆とは名乗らない。そこで私は考えた。神田吉隆に元師匠として、新しい名前を送りたい。良く良く考えて、ぴったりの名前である。 カネばかり欲しがるので、…

告発の歌其の十

謝れば、軽くて済んだその罪は、昼夜寝ないで働けどもう許せない曲がった根性叩き直すまで。 勁のワザ習いもせずにウソついて、多くの人をたぶらかしホントにアホな神田吉隆。 たどたどし何遍動画を撮ろうとも、名人のワザには見られない訓練無くては

告発其の九

人のノートで本を書き、人のお金で車乗り、四十男は今日もまた鳥取砂丘で酒メシ喰らう。 ニセ師範、教えることは何も無く、 言ってることだけ十人前。 怒り買い、師匠に責められこの通り、告発短歌はまだまだ続き斬首作戦待っている。

告発其の八

ニセ師範カネを奪って逃げ回る 恥ない武術家。 恥もなく、名前ばっかり欲しがって 売名行為のうそつき小僧 ニセ創始責任もなくカネばかり 欲しがって修練嫌がる総師範。 shっk 借金の返済せずにこの酒美味い このメシ美味いの堕落の毎日 戒めが出来ぬ武術家…

告発其の七

本名を名乗らずカネ奪い、逃げ回って今は鳥取。 本名とワザ隠し尤氏意拳とウソつく総師範。 実力もなし人格も他人が嫌って今は鳥取。 贅沢に人のお金で車買い、高級アパート誰の為。

告発其の六

ニセ師範いつもの如く茶番劇 本名隠して今日もカネカネ。 本名隠して技隠すそんなに隠すが好きならば、隠れてしまえ己れまで。 朝鮮は カネの問題また起こし 世界の国から嫌われる。 吉隆もまた道場生から嫌われる。 これではまるでヤクザの集団

空勁の手順

空勁は、私の経験では、先輩の両肩を毎日押し続けて、ある日師母を押せと師母から言われて師母の肩を押し始めたのであった。そのころまでには、私の感覚が相当に敏感であったから、押してスグ師母の氣を感じて動かされたのであった。太田氣功道場では、現在…

トラの威を借る武術団体

良く目にすることだが、世の中には、自分は何も出来ぬのに師匠はとか、先人はとか、何も知らない者達を講釈師よろしく、自慢げにまるで自分がそんな事を出来るように言って、生徒集めて月謝を取る自称武術家がいる。バカバカしいロジックだが、騙される者も…

瞑想とテロメア

長寿と健康はテロメアと関係が深い。 細胞の分裂が起こらなくなるとテロメアが短くなっているのだと言う。テロメアを長くすれば、長生きができると言うのだ。長命になるにはテロメアの長さを保つことが大事なのだ。テロメアを長くするには、いくつかの方法が…

其の五

朝鮮の金正恩は相変わらずの虚勢張り日本の吉隆相変わらずの逃げを張る。 拳法と中国意拳を同視する軽輩の痴れ者 何もないおのれの境遇顧みず虚勢と騙しでカネ奪う身内に涙す今は亡き身で。 母と姉騙してカネを人(道場生)から奪う身内に涙す。

発勁の手順

中国武術を目指す者ならば、誰でも発勁を習いたいものである。が、簡単に一朝一夕に出来るものではない。先ず第一にに勁を起こすだけの圧倒的な氣のエネルギーが必要である。第ニは相撲のテッポウの要領で壁を押す。何万回と壁を押して壁が崩れるほどに押す…

告発の歌其の四

恥のない尤氏意拳の総師範、技倆も正統性も皆無の人物。 朝鮮の金正恩と心は兄弟神田吉隆。 昼と夜真面目に働きカネ返せ 認められたキャ霊止として 迷惑をかけても欲しい贅沢な車と酒とメシ(字余り)

告発の歌其の三

ウソついて尤氏意拳は名乗れ得じ 特に神田吉隆。 本名を隠して奪う寄付のカネ 神田吉隆の胃袋に消える。 カネかかる酒とメシまたもや寄付でウソつくニセ師範鳥取に逃げる。 大っきさは身体と口だけで、ちっさなものは意拳の技と肝っ玉。 長年の厳しさ耐えて…

告発の歌其の二

心狼、言葉は天使、恥な行為は商売人。 詐欺師、ペテン師大手を振って、武術家名乗る。 資格無き軽輩の身の上で尤氏意拳とは これ如何に カネの為、師匠と弟子を欺く者を 日本人とは言わせまじ。

告発の歌を読んでみました

ニセモノの尤氏意拳は世の中に燦然と輝く。 寄付ダ寄付ダと集めたカネは贅沢とクルマと酒に消えにけり。 尤氏意拳の総師範、修練せずに酒メシ喰らい札束勘定する。 神田真澄こと吉隆は師母とドクター尤の顔に泥塗る。

站椿の本当の意味

以前、格闘技雑誌であったか、あんまり理解出来てないと思い、印象があって、また逆に印象に残った記事があった。站椿は根性で立つと言うものであった。今考えると笑ってしまうが、もちろん、本当の意味は違う。地球の磁気が北極と南極の間に流れているよう…

資金を提供しないで欲しい

北朝鮮は対話の可能性があるにも関わらず、新型ミサイルを打ち上げて、また悪あがきをしている。尤氏意拳も恥を晒しても生き延びたいらしい。国民を飢えさせても、ミサイル打ち上げを強行する。鳥取に逃げてでも、ニセと虚偽の尤氏意拳を存続させたいと考え…

ゾーンについて

スポーツにおいて、ある瞬間、頭が何も考えずにまるで自分で今まで体験したことのないようなパフォーマンスが勝手に身体が動いて出来るような変性意識状態をゾーンと読んでいる。スポーツ心理学でかなり研究されている。このゾーンは別にスポーツに限ったも…

命乞いと虚勢の北朝鮮

あの唾棄すべき金正恩の北朝鮮は今まで好戦的で挑戦的な言動で虚勢を張っていたが、あまりアメリカを刺激するとホントに斬首作戦を実行されるとあって命のモノだねと急に大人しくなって、対話路線に変更している。他の独裁者が哀れな最期を遂げているので、…

動のエネルギーと静のエネルギー

我々尤氏長寿養生功の修練には大きく分けて、二つのことがある。そのひとつが動のエネルギーで、もう一つが静のエネルギーである。動はすなわち、ジャンプと站椿である。静は站椿と座禅である。電気を作る場合、水力発電では水の落差電気の量が決まるように…

神田真澄は偽名である。

ニセと虚偽の尤氏意拳と名乗る団体の創始総師範は神田真澄と名乗っているが、偽名である。今だに本名を名乗っていない。そんなバカな話があるであろうか?本名を名乗らない武術家などいるものか。俳優業やタレントではない。全てウソと虚偽だから名前も虚偽…

有料講習会動画

太田氣功道場では、最近の私の最大最強最重の氣を使い、道場生と講習会参加者との氣の交流である勁空勁を有料で公開しています。勁によって、道場生が宙を飛び、壁に当たり、転がして、軽い物を持っても苦しいほどに重さを感じて最後には人が重なりあって動…

大義と哲学

宝寿会尤氏長寿養生功、太田氣功道場の大義哲学は日本人全員がこれからの時代、百歳を超えて生き抜く、強い精神と肉体を修練と瞑想によって培い、日本人全体の健康長寿を通して日本の国力を増すという、新しい愛国と東洋、日本文化への愛の運動となる努力を…

金銭欲と北朝鮮と尤氏意拳

ある国の銀行からハッキングでカネを盗み取る北朝鮮、言葉巧みにカネを道場生から供出させて、返済意思のない借金して逃げ回る尤氏意拳、日常茶飯事のことであるが、国家も個人も変わりなく、カネが欲しくて、我々が呆れる行為を犯してのうのうと北朝鮮のブ…

太田氣功道場後援会の設立

今年一月より、このブログ記事を書き始まったのでありますが、一日一日とアクセス数は増えて、今では月に千回を超えています。そこで、太田氣功道場では私太田光信の考えと主張に賛同している方々が結構な数がいらっしゃると思い、太田氣功道場後援会を設立…

空勁と合気道

今から話すことは、私が自慢して尤氏長寿氣功の私が一番で、合気道より強く勝れていると言っているのではないことを断わっておく。単純に強い、弱い、の比較だけで見るのは辞めてもらいたい。私は技を探究して、生きている間に、自己の最高のレベルの技術と…

目に見えない氣と目に見える物質

宇宙を拡大させているエネルギーは天文物理学ではダークマター、ダークエネルギーということは既に確認されている。我々氣功を学ぶ者が追い求めている氣も宇宙に存在しているダークマターダークエネルギーと同じように目に見えない。それどころか、現在の物…

太田氣功道場の正統性

正統性の全くない尤氏意拳に比べて我が太田氣功道場は私太田光信が1987年より2007年まで欧陽敏師母に毎日付き添うように一対一の訓練修練をして2015年に帰国して、今太田氣功道場にそのままの内容が伝えられている。お前の脚は合格したとの師母の言葉と帰国…

逃げるウソと虚偽の自称武術家

呆れてしまう問題の自称武術家創始総師範、神田真澄こと神田吉隆はいまだに逃げに逃げに回って、公開質問状に答えることも無く、相変わらず、逃げ回っている。何故答えないのか?答えられないからである。常套手段であるいつもの政治家顔負けの言い訳も思い…

太田氣功道場の理念

我々太田氣功道場の目的はただ一つ。 長寿と健康です。意拳の基礎訓練を徹底的に訓練すると、健康になり、長年続けると、自然と長生きしてチョットした怪我や病氣から免がれたり、例え、ケガや病氣になっても、回復が早くなります。 それは私の師欧陽敏師母…

氣功は科学である

氣功は古代中国で生まれた。古代中国人は事象の観察に優れていた。さまざまな事象の裏に潜むチカラ、エネルギーを氣と呼んだ。東洋医学の生薬、漢方や鍼灸の陰陽五行説も易の陰陽から始まったのである。私は尤氏長寿養生功を学び始めた時から医学的な立場か…

春の瞑想

あれだけ寒かった冬も終わり、暖かい春の季節が訪れて、瞑想に適した季節になった。冬場も休まず瞑想はしてはいたが、あのいつも温度が変わらないベイエリア、サンフランシスコに四十年以上住んだ身の私には日本の冬はキツイものだ。従って、春半袖で瞑想出…

柔よく剛を制す

先日、全日本柔道無差別級選手権のドキュメンタリーをNHKで放映しており、大変な興味を持って観たのである。小柄ではあるが抜群の筋力とテクニックとスピードの選手が果敢に挑戦した。柔よく剛を制すと言うが一面の真理で対句の片側で、大事なもう一句がある…

恐竜の化石とジグソーパズル

先日、北海道で日本で初の恐竜の全身骨格の化石が発見された。骨を良く調べると生きていた時の生態が分かるのである。ジグソーパズルも同じで一枚か二枚のピースで全体の絵が分かるのである。尤氏意拳の神田吉隆も同じで、私が二十五年顔と顔を突き合わせて…

自己中心の国、自己中心の団体

今週のお題「ゴールデンウィーク2017」片や北朝鮮の金正恩、片や尤氏意拳の神田真澄こと神田吉隆の両者は回りの人間を騒がす、自分の権力保持の為にはどんな手段も厭わぬ、自己中心の人間逹である。片や延命と命乞いであれこれ、無駄な虚勢を張っている。片…