体幹

最近のスポーツ選手のあいだでは体幹のコンセプトが理解され、体幹の言葉が流行っている。私が尤氏長寿養生功を始めた時は師母は何も一切の説明もなく、立て!動くな!黙って立ってろ!てな感じで、立たされて、後は居なくなってしまった。愛想もヘッタクレ…

闘病記❷

シャワーを浴びて傷口を綺麗に洗って、傷口にへばりつくガーゼや縫い糸を落として漢方薬の軟膏を昨日塗っておいたら、その傷口のカサブタは今日には無くなっていた。気をよくして今日も領域を広げて、塗れるだけ塗る。今日が明日になって、真夜中にこれを書…

氣のプロフェッショナル

私は1987年から今年2018年までの三十年間のあいだ尤氏長寿養生功の訓練と瞑想を毎日行なった。私の氣のレベルは始めた頃に比べれば、雲泥の差がある。この氣功を教授して月謝を払ってもらっているから、氣のプロフェッショナルと言えよう。日本がバブルで浮…

Deportation

アメリカにおいては、アメリカ国内で犯罪を犯した者は国外追放となる。これを英語でDeportationと言う。日本でウソをついて詐欺を働いた者はモチロン刑務所で更生してから釈放されるだろうが、外国籍の者が詐欺の犯罪を犯した場合、国外追放にはならないので…

闘病記❶

昨日病院から帰宅して、傷口が気になり、見てみた。傷の大きさは日本の盲腸の手術の傷跡に比べて比較にならない大きさである。ガーゼを止めるテープの残骸があってパリパリ外すと気持ちが良い。ジグザグに大きく膝の裏からふくらはぎの横に縦に長く傷口があ…

闘病記

輸血を伴う八時間の大手術後の経過を公表していかに人間の身体が自然治癒力を発揮して病いを克服するのかを理解してもらう為に5回ほどの連載とする。外科的な処置は私の自然治癒力とは無縁であるから術後の経過を発表する。前述したように八時間の大手術後に…

高齢者のピーク

日本では高齢者のピークが、2035年になると言われている。いわゆる高齢者の時代が来て三人に一人ほどになり、老人の国になる。2035年は日本だけでなく、世界各国で老人だらけになる。我々はその時の前に準備をしなくてはいけない。私の場合、三十年前に準備…

ボロでも楽しい我が家

退院して家に戻った。十日ばかりの入院だったが、割と長く感じられて長旅から帰宅したような気分で玄関の鍵を開ける。疲れがどっと出て、ベッドに横たわる。我が家は三十五年前に建てられたボロアパートの部屋である。床はめくれて障子は歪んで開け閉めし難…

幸せと心の歪み

幼児期に何かのことで心に傷を負い、トラウマになって心の歪みを引きずって人生を生きる。人の前に立ちたがる、人の目につきたい、目立ちたい、気持ち悪いほどのナルシストで自分が世の中で一番のイケメン、美しい顔である。パーソナリティ障害の心の暗い歪…

奇跡

サッカー界では日本の奇跡は起こらなかったが、氣の世界では奇跡はしょっちゅう起きる。今日私は退院するが、退院前から私の左脚には奇跡が起きて、痛みは傷口のピリッとしたなんでもないもので楽に歩けている。まさに奇跡である。突っ張り感は消え去って、…

気づきと学び

明日退院を前に日本代表戦を待つ間の夜中にこれを書いて真理を述べよう。退院を控えて手術の傷口が急に痛くなり、痛み止めのピルをもらい、飲んではみたものの今度は脚が大根のように太く浮腫んでパンパンに固くなっている。やれやれという気持ちで脚を上げ…

剥奪

ウソつきの姜吉隆は詐欺を働いて今なお逃げている。中身はそれしか知らない日本拳法を尤氏意拳と呼んでいる。私が氣を教えて強くしてやって、ある大会で優勝したことは事実であるが、そこから急に変貌して生意気で、武術家の大先生気取りで、私の日本の道場…

監督のウソ

日大アメフット事件で第三者委員会の報告書が出て、監督の説明弁解は全てがウソであると結論づけた。スポーツ団体の長がウソをついたなら、責任は重大だ。 辞任と解職は避けられない。では武術団体の長がウソをつくのはどうなるか?武術家と自称する者がウソ…

最後の回診

手術後の予後が私が驚くほどの回復を見せて、最後の回診が終わった。傷口からの滲出液が多量に出てガーゼがビショビショに濡れて何だろうと心配した時もあったが、手術後の滲出液は身体が傷口を治そうとする水分で多量に出たということは私の自然治癒力が旺…

ウソつきの詐欺師

今日が七月の一日だから、尤氏意拳の姜吉隆への公開質問に対して回答が無かったので、約束通り、私は姜吉隆をウソつきの詐欺師と呼ぶ。幼少期に母親が家を出て、自分が捨てられ、母親の愛情を受けなかったことが原因で、ウソをついて周りの人たちに自分を認…

幸せのセールスマン

病院のベッドに縛りつけられるように点滴を静脈に入れられ、カテーテルを尿道に入れられて寝ているだけの毎日は臥禅と言って、仰向けに寝て瞑想をするようなものであった。これから行なうタヒチに於ける尤氏長寿養生功の宣教は私が氣と太陽光発電のセールス…

二つの選択肢

今回の手術成功の朗報を姜吉隆のおじさんとおばさんに報告した。近況を説明したのであるが、話の中に姜吉隆の態度について起こった事実を私は聞いた。おじさんが人のカネを奪い、私の太田の名前を使って借金することは詐欺行為だと、なぜそんなことをするの…

細胞レベルの氣

今回の輸血までした大手術の後に回復のスピードの速さに驚いている。手術の翌日クルマ椅子に座って散歩して二日後に杖をついて歩き、今では一人でトイレに杖をついて行っている。病院を抜け出して行なった講習会では十五人いた参加者は一人を除いて全員勁空…

目的

我々が仕事職業、ビジネスを成し遂げようとする時には目的が必要である。その目的がただの営利目的であっては短絡的であさましい。尤氏長寿養生功の氣功学校の教師は副収入を得ることができるようにいろいろと考えて、基礎訓練を教えると学生が健康増進して…

外国人指導者

今回のサッカーの監督交代をして、日本人監督は良くやっている。外国人指導者ではこうはいかなかったろう。私はサッカー通ではないが、人気のスポーツ団体の監督を外国人指導者に託す時代ではもう無い。日本人指導者に指導力が無いということはない。日本人…

手術終了

今回の動脈の切開手術はキツかった。午後一時から九時までの八時間に及ぶものであった。うつ伏せで麻酔のマスクをつけて八時間その状態でいると、自然に顔の皮膚が剥けてしまった。用意していた漢方薬の軟膏で一日二日で治ってしまった。先回の麻酔ほどの爽…

百寿者

百歳になるまで生きることは難しい。人間が長年生きていると、さまざまな事件が起きる。学校、就職、結婚、経済、友人、病気、健康などを乗り越えなくてはいけない。リタイアした後には何か自分が熱中出来る生き甲斐が必要になる。その点、太田氣功道場が教…

講習会

今日二十四日日曜日に定例の講習会が開催された。参加者は北海道、大阪、長崎、近隣の埼玉、東京と全国的な規模になっている。私は入院中の病院から許可を得て抜け出して参加した。今日の参加者の氣に対する反応はすこぶる良く、私を楽しませてくれた。今ま…

健康と長寿

人類の持つ永遠で最大のテーマ、健康長寿。このテーマは地球のどの国も無縁ではない。現在、高齢者がどの国も増え続けてもうすぐ地球は年寄りで埋まってしまうだろう。ドクター尤老師は意拳の師であった王向斉老師の下に集まる仲間を見て確信した。站椿功、…

孤独

今、入院した病院の個室にいてこの真夜中に起きて瞑想をしようとしてこれを書いている。真っ暗な中で、瞑想を一人行なうのは孤独に感じるかもしれない。しかし、まんざら悪いことでもない。たくさんの人の群れにいる時は対応に追われて孤独を感じずに時間に…

パーソナリティ障害

なんらかの幼児期の出来事や親の愛情を受けなかった者が心に傷を負い、虚言癖を持ち、ウソをついて、自分に人の興味を引こうとする心、精神の病いのことである。こんな心の病いを持つ者はウソをつくことだけでは終わらない。役者顔負けの芝居も打つ。表の顔…

リハビリの先生の鼓膜

一か月ほど前に私の行っているデイケアでのリハビリの先生が言うには暑い日に十メートルの高さからダイビングをして、鼓膜を破ってしまったと言う。医者に行きましたか?と聞くと、耳鼻科で、今は鼓膜が破れているが、時間はかかるけども、いづれ治ることに…

告訴

尤氏意拳明光武道の自称宗家創始総師範神田真澄こと姜吉隆を告訴することにした。カネの不祥事を起こして十年逃げ回り、刑事事件で起訴出来ない、民事事件としての起訴も十年の時効が成立したので民事でも裁判を起こせない。こうなったら、私自身が裁判を起…

無差別殺人

日本は安全で安心な国ではなくなった。頭の狂った者が無差別に人を襲い、殺してしまう。以前にも言ったことだが、殺される前に身を守らねばならない。護身の為にも武術武道に半世紀を生きて来た私には、そしてアメリカで警察でも逮捕術を教えた私には人ごと…

進化

尤氏長寿養生功を教授している私は、教授する内容を画期的なものとして、より簡素化してさらに効果的な内容として、世界に拡大発展させようとしている。站椿功と座禅はそのままに、基礎訓練を私なりの解釈を加えて、老人や身体の弱い女性や病弱な人も楽しみ…