読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せになる源

今週のお題「2017年にやりたいこと」私は経済学者でも哲学者でもない。今年から世界がアメリカのトランプの影響を受けて振り回されて、混迷の時代が数年続くと思われる。このような時には何が必要になってくるのであろうか。大抵の人はカネと答えるかもしれないが私にははそれがベストな答えであるとは思えない。私が師と仰ぐドクター尤は中国の文化革命の際、上海の大きな立派な家は荒らされてカーペットまで引っぺがされて全て奪われてしまった。暴徒が去った後に何も無くなった家の中で師母に向かって、ハッッハッハと豪快に笑って、共産党の奴らは私の財産を全部全て持っていってしまったが、たったひとつ持っていくことが出来なかったモノがある。私の中にある氣だと言ったそうである。私がこの氣功を教えた者がカネとモノに執着心を持ち、恥な行為を犯して、今赤恥を世間に晒している。私はカネやモノで人間が幸せになることはないと思う。真に人を幸せにするモノは何ものにも屈しない強くて柔軟な心であると思う。そしてその強くて柔軟な心を作るモノ、手段は何かと言えば、瞑想と瞑想で培われる氣であると氣功を三十年修行した結果、カネやモノはすぐ消え去って一過性のモノであり、永久的に残るモノは強い柔軟な心と氣であると思うようになったのである。私はアメリカから日本に持って帰れた財産もなくケガで左手と左脚が不自由になって、今では要介護2の身体障害者である。道場生に指導の際はイスに座って行なっているが、指導に不自由を感じた事はない。氣は今や最終、最高の段階にあり、今までの私の氣功人生で最高のレベルに到達している。そして更に上のレベルを目指して修行中である。強い自分をこの混迷の世で作ることが今年から必要になって来るという事が今日の日曜日の最初の訓練の後の私の道場生に向けた言葉であった。そして我々の自前の道場建設に向けて道場生の数を増やす目標も掲げたのであった。

広告を非表示にする