読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神田真澄こと神田吉隆という人間の考察

神田真澄という本名ではない名前を使って、私太田光信のサル真似をして虚偽の話をデッチあげて自分で勝手に自分の都合の良い自分に似合わない、たいそうな尤氏意拳などという武術団体を立ち上げた者の本名は神田吉隆と言う。この神田吉隆がナゼに私のすることなすことをすっかり真似て私とそんなに張り合うのか考えてみた。まずどんなことを真似ているのか一つ一つ、事例を挙げてみよう。

一、私がテレビに取り上げられたのを真似て、自分もテレビに出る。自分がテレビに出た時は太田真澄と名乗り、私の後継者と世間に思わそう、あるいは名乗っていたらしい。あまりにテレビに出たくて誰も見ないような深夜のテレビ番組にも喜んで出ていたとの報告が道場生からあった。

二、私がサンフランシスコのローカルの新聞に取り上げられた後に、カナダはバンクーバーのローカルの新聞に出る。ナゼ東京の新聞でなくバンクーバーなのか?理由など私が知るべくもなく、同じ海外の新聞に取り上げられたとして私に対抗したとしか思えない。

三、私がヒゲを伸ばすと、すぐ真似て自分も伸ばす。形まで同じだ。

四、私が神意拳の創設の時に使った言葉を全て真似て、日本人の体力や文化と融合して団体を立ち上げたとしたのだがこの神田吉隆も同じことを言って、尤氏意拳を創設したと言うのである。

五、私が武術としてではなく健康長寿の氣功としてメチャクチャになった太田道場を帰国後すぐに再建して太田氣功道場として養生氣功を核として教え始めるや

尤氏意拳の謳い文句を健康主体のように言う。

以上のことを読んだ者はニセと虚偽のこの神田吉隆をどのように思い、感じるだろうか?私が見るには自分に自信なく、己れの核、考えと哲学のない人間なのだ。これだけ真似されると気持ちの悪いものである。一切の関係を切っているので神田吉隆がやる事なす事は収拾がつかなくなっており、混迷の度合いがキツくなっておるようである。鳥取まで逃げて借金逃れをしているのである。今は神田真澄改め、神田吉隆の名前を使っているようである。どんな社会であれ、偽名を使って、借金したり、カネを巻き上げることは許されない。それには何か理由があるに違いない。神田吉隆のホームページにも奇異な点がある。良く、英語の表現が出てくる。そしてセレブの文字が読める。人間の研究は観察が必要である。

小さな部分を合わせていくと大きな絵になるように、人間の使う言葉をつなぎ合わせていくと、その人間の核の部分が見えてくる。中学生の使う単語を並べて自分の考えを披露することは、同じレベルの人間達を集める。であるから、その文武のレベルも分かってくる。ミーハーなのである。人間が軽過ぎる。神田吉隆は自分の兄やおばさんにテレビ番組に出て出演料が百万円だったと言っていたとのことである。それは私がアメリカから私の妻と一緒に日本のテレビ局に呼ばれてある番組に出演した時のことである。いつのまにか、神田吉隆が太田光信に奴の頭の中で同じことになったらしい。カネ、見栄、虚偽、そしてウソ。その嘘も少し後にはバレバレである。尤氏意拳

自分の今までの人生があまりに惨めだったから、一発大きな花火を打ち上げたかったか?花火も間違えると爆弾になる。あまり頭が良いようには思えない。四十を過ぎて中学生の英単語を使うようでは尤氏意拳の文武もどんなレベルか分かるというものである。そして何時もセレブ、、、。尤氏意拳に集まる生徒は、それではあまりに惨めで可哀想ではないか。尤氏意拳の武的技倆にしても師母とのジャンプがたった二日の二回だけでは尤氏意拳も何もたまらないではないか。私のジャンプはホームページに書いてある。十年間で三百六十万回である。私の中では、それでも足りているのかわからない。それでも私は神田吉隆が得意の秘伝、秘技である勁と空勁の技を講習会に参加した初対面の者達に体験させている。これではどっちが尤氏意拳なのであるかわからないではないか?私は私の団体をドクター尤の名前をつけて尤氏意拳などとは、おそれ多くて呼べるものではない。ドクター尤がどれほどの勁と空勁の使い手であったか知らないからそんなアホウなことができるのだ。メクラ蛇に怖じずというものである。私の足下にも及ばぬ者が私でも考えもつかないことを平気でできる者なのである。アホというかメクラというか、開いた口が塞がらない。これからこの神田吉隆という精神欠陥人間が引きいるニセと虚偽の尤氏意拳がどんな結末と最期を遂げるか見ものであるが、いつまでたっても勁と空勁は無く、あいも変わらず面とグローブつけてシャモのケンカのようなことをしているのであろうが。未だに道場生には毎月これだけ返済しますという誠実な連絡無く

おそらくホームページにこの酒とメシが美味いなどの低レベルな健康法を掲載しているであろうが、、、。どこに神田吉隆の中に誠実や良心や人間性があるか?

仲間である、特に同じ氣功を訓練する者を裏切り、カネを巻き上げ、返済意思のない借金したりするような人間はもはや日本人ではない。早く日本を出て、アメリカにでも行った方が良い。神田吉隆が大好きな弱肉強食の世界とカネとモノなどの即物的な人間と対象物がたくさん待っている。まだあった。神田吉隆のおじさんの家に呼ばれて返済意思のない借金のことで叱責を受けた時に、仮にも、一時期師匠であった私を「あいつ」と呼んでいたとの報告をおじさんから聞いたのである。金と既得権を私が与える間は「先生」で太田の姓の使用禁止と道場の既得権を失った途端に「あいつ」である。いやはや、なんという人間性であろうか?私が今は幸せの絶頂にあるのはこの神田吉隆という人間と関係を絶ったからに違いない。悪性のエネルギーと訣別して私の指導員始め、良心ある良性のエネルギーを持つ道場生に囲まれている私が幸せに思えて、幸せの絶頂にあるのは当然である。負のエネルギーを捨てて正のエネルギーに囲まれれば環境も身体も負にはならない。今、神田吉隆の回りに集う者達もこれをよく読み、神田吉隆の人間性を研究せよと忠告したい。我々は貴重な人生の中の時間を無駄にした。お前達の時間とカネはもっと効果的に有効に使い、人生をよりもっと有意義なものにしなくてはいけない。