感情の国北朝鮮

今週のお題ゴールデンウィーク2017」まさに一色即発の体を示している北朝鮮情勢であるが、感情的にヒステリックに反応している金正恩は自国民の幸せや平和な度は、どうでも良いようである。我らが神田吉隆も今まで関わって、カネを巻き上げ、返済意思のない借金も謝罪も毎月の返済についても、私の忠告警告を無視して感情的にヒステリックに行動して何の反応も無い。反論をしていない理由は何かと言えば、反論の正当性は全くないからだ。以前、破門された時に仲の良い道場生にそれは太田先生の誤解だと言ったと言うことであった。誤解して道場を任せた人間を解任破門することはない。全て証拠を私の手元に持って国際電話をしている時も、私の名とハンコが署名捺印のある借用書を見ながら、一体、誰の名前で借金したのか?と聞いても、神田真澄の名前で借金しましたとのたまわった。真っ赤な嘘である。関わった全ての人間を欺き、己れの権威利権保持の容赦ない、恥な行動をとる。まるでもう一人の金正恩である。道場生がどういう風にしたらもっと上の段階になって、もっと上手くなって幸せになれるかなど考えた形跡は皆無である。考えていることは己れの権力とカネのことだけである。何という総師範で、尤氏意拳の創始であろうか?ドクター尤も師母はあの世で泣いている。早く理性を取り戻し、平和と幸せを国民と、周りの人間にもたらすことを期待はするが、感情とヒステリーで反応する北朝鮮と尤氏意拳は斬首作戦でしか解決が出来ないようである。

広告を非表示にする