押すと引く

相撲は押すことが大事だ。一方、柔道は引くことである。相撲は引く時が負ける時である。相手が引いたら押すから相手はさらに押されて負けるのである。柔道は引くことによって前に重心を置かせてそのタイミングでワザをかけるのである。お互いに逆の方向にエネルギーを向ける。我が尤氏長寿養生功意拳の基本を踏襲しているので、推しが練習の基本となるが、一旦、氣を身につけて仕舞えば、押すも引くも関係ない。呼吸法の人間は推しのエネルギーで氣の交流は出来ないので、私が柔道式で引いて投げ飛ばした時は、信じられない顔つきでビックリしていた。押すも引くも自由自在なのである。であるから、柔道はもちろん、相撲、レスリングでも対応できる。レガッタのボートレースも手と腕で漕いでいるように思えるが、実は、ボートレースは脚腰で漕ぐ。要するに、腰脚のチカラを養成するのが大事なのである。いづれは、実証して、その秘密を解説する機会はおとづれるであろう。

広告を非表示にする