尤氏長寿養生功の継承

あのニセ意拳団体尤氏意拳の宗家創始総師範と自称している神田真澄こと神田吉隆ことカネだ吉隆は私から神意拳を受け継いだ、全てのワザ、極意を受け継いだと言っているが、そんなことは私は認めた事実は一切無い。神田真澄ことカネだ吉隆が自分で勝手に言っていた。今でも言っているかもしれない。私が師母から認められたように、神田吉隆ことカネだ吉隆は私にそのチカラを認められねばならない。そもそも、訓練の時間がたった一ヶ月では、どのようにして継承など認められようか?しかも、師母とのたった二回の面会を数年間の過酷な訓練を受けたとウソをつくに至っては継承など認められようか?誰が考えても明白だ。ではなぜ、こんなことを言ったのかと言えば、私が日本に居なかったから、氣が見えることはないので、少し出来るワザや私から習った基礎訓練を教えて私から全て習ったと言えば、カネが手に入れられると思ったからだ。本当にウソ偽り無くした修行など、面倒なだけだったのだ。不誠実でウソをついても悪いこととは思わない人間なのである。私と私の道場生の間に割り込んで、双方にウソをつく、騙す。そんなことをして悪びれることもない。奪うように取ったカネを返済しようとすることもない。一体どのようにして継承しているなど、言うことができるのだろう。私にはもはや、人間として認められないのである。私は自分が師母から継承したと言ったことは一切ない。死ぬほど訓練して、師母にお前の脚は合格したと言われて、お前が日本で教える時には、師母から習ったと言うんだぞ、と言われた所まで師母と私の信頼関係が勝手に築かれていたのだ。私のワザを見てもらえば、すぐ分かる筈である。もうひとつ、私は一本のDVD ビデオを持っている。ドクター尤老師と師母の練習訓練の内容が写っている。私は継承したと言わない。一生懸命に習ったと言う。カネや利権の為に習った訳ではないのだ。習ってもいないことを習ったと言って、継承もしたと言うあさましく図々しい人間には私はなりたくない。今、はっきり言っておきたい。尤氏意拳の大先生には継承を渡してなどは一切無い。尤氏長寿養生功の継承は私の四人の指導員にしている。したいと思い、毎回の修練に励んでいるのである。