修行時のケガ

私が尤氏長寿養生功を修練して、ジャンプのし過ぎで左膝を壊してしまった。

今では杖をつかないと歩けない。武術

武道の練習でケガをすることほど

つまらないことはない。私が依然

関わった武道の道場で、余りに強さを誇った結果、練習中に勢い余って、金的を蹴られ、余りの酷さに睾丸が腫れて

内出血して手術で睾丸を摘出した話を聞いた。本当につまらないケガであることは間違い無い。それもほんとに事故であったか疑問点もある。ワザを急所スレスレに寸止めをしたけども止められなかった。これはもう事故ではない。意図的でないにしても故意に近い事故であろう。

そんな危険な練習はしないことである。何遍も言うが、自分の人生を大事に、時間は大事に、身体もカネもダメージを受けぬように練習修行時には、特別に注意するべきである。指導者がケガをその場ですぐに対処出来る勉強をして、医療の資格でも取る絶え間ない努力が必要だ。

そしてなによりそんな危険な練習は指導者が自覚して止める理性が必要だ。我が尤氏長寿養生功では、即治療可能な強い氣を訓練して私の他にも医師と医療従事者が控えているので安全で、安心出来る環境にあって、万全の体制をとっている。