座禅

立禅で溜められた氣を全身に行き渡るように身体の隅々に氣を巡らせることが目的となる。氣功と言えば、もうそれは瞑想が手段となって、インドのヨガを中国ではユガと発音して、ヨガを氣功と同じように見て、インドの氣功としている。日本の禅は悟りへの手段となっているが、尤氏長寿養生功ではチベット密教の瞑想を融合して健康長寿への手段となっている。アメリカのハーバード大学の医学部で開発されたマインドフルネスストレスリダクション、 Mindfulness Stress Reduction  はチベット密教の瞑想を基本に開発されたのであった。ハーバード大学で開発されるずっと前に、ドクター尤老師によって、既に、尤氏長寿養生功にこの瞑想は取り入れられていた。その先見性はドクター尤老師が武術家であると同時にドイツに当時留学して最先端の医学を学んだ医師でもあったからである。当時中国最強と言われた意拳と当時最新の医学とチベット密教の瞑想が理想的に融合した健康法が尤氏長寿養生功でもあったのである。私は入門当時から座禅を続けている。1987年からであるから三十年の間、毎日の日課となっている。そのせいか、病気をしても、大ケガをしても、奇蹟的に早く治り、重い病体にはならない。氣功の効果を私自身が体験している。震脚、立禅、座禅、に意拳の基礎訓練が混然一体となって、尤氏長寿養生功を成しているのである。これを自分の都合で勝手に分断して、実力も無く、資格無くして、教えている者がいるが、総合的にお互いが作用してその効果が現れるので、生徒がもっと学びたいと思えば、全てを教える太田氣功道場に最終的には入門せざるを得ないであろう。私が身体障害者となった今でも、椅子に座って、道場生を勁空勁で投げ飛ばすことができるのは、これまで述べて来た尤氏長寿養生功の訓練法を全て長い年月をかけて習得したことによるものである。訓練、修練はウソをつかない。自分が修練した分だけ、自分が出来ることになる。ウソの言葉でいくら訓練の穴を埋めようとしても、見えない内側の実力やチカラは周りにいる者と生徒には見えるもので、いづれは気づかれてしまうものである。

 

站椿功

立禅のことである。站椿江は中国内家拳意拳の基礎鍛錬法の站椿が一番有名である。站椿は突き蹴りを主体にする外家拳の馬歩と同じようなもので、日本の空手の騎馬立ちがこれに当たる。しかし、尤氏長寿養生功の基礎訓練になってからは決定的な違いがある。武術を目的とするのでなく、健康長寿を目的とすることになって、氣を通す為に手指の形や站椿の形も変化した。意拳の時の站椿は時間が短く、十五分毎に站椿の活動を次々に変えていたと言う。尤氏長寿養生功では站椿の形を変えずに同じ形で一時間立つようになった。画期的な変革である。ドクター尤老師は王向斉先生にその一時間の站椿の許可を得てそのようになったと言う。全て師母から聞いた話である。この立禅と座禅の瞑想を私は二十年の修行期間で、四万四千四百四十時間、 敢行したのであった。站椿功、静功の座禅、震脚、の修行の後に身体が出来上がり、上虚下実となって、いよいよ勁と空勁が出来ることになる。一朝一夕に出来ることではない。

震脚

我々がジャンプして、いわゆる太極拳で言うところの震脚をするわけなのだが、最初のジャンプはなかなかに難しい。両脚での連続してのジャンプは日常しない動作であるから、筋肉がついていないのですぐに疲れて一分くらいも連続してのジャンプはなかなか出来ない。だから、すぐに息があがって辞めてしまう。どんな筋肉質の武術家も長くは出来ない。しかし、慣れて来ると、五分、十分、三十分、とだんだんジャンプの時間は長くなって、あまり息もあがらなくなってくる。脚力がついて、スタミナがつくからだ。この震脚は尤氏長寿養生功の最大の特徴である。站椿功と両脚でのジャンプは尤氏長寿養生功の秘密と言って良い。こんな極秘中の秘密を開示して良いのか?と思う者がいると思うが、站椿功もジャンプもただ立って、ジャンプしている訳ではないのである。どのように立っているのか、どのようにジャンプするのか、口伝があり、実は一対一の師匠との直接の訓練が大事で、必要不可欠なのである。長い時間、師母と一対一の訓練を受けた私は一番濃密に口伝と体伝の両方を得たと言って良い。どのように立つか?背骨の曲げ方、手指の形、足の重心のかけ方など、修正することがいくらでも出てくる。ジャンプにしてもどれほど深く膝を曲げてジャンプするのか、初めは何も分からない。自己流でやれば、身体を壊して、ケガもする。であるから長い時間をドクター尤老師とすごし一番口伝体伝を受けた師母は私にとっての最高最良の師匠であった。私は師母が高齢で、師母ご自身がもうすぐ死んでしまうから、今、全て教えていると言っていたので、ますます、訓練に拍車をかけていたのである。ジャンプのし過ぎで、膝が悲鳴を上げて、膝を曲げるとパキッパキッと音を立てて、歩くことも出来ないほど、膝が悪くなっていた。あまりに膝が悪くなってどのようにしたものか?と思い、考えて、近くの州立公園の中にある温泉に毎週一年間通って、膝を温めてついに痛みとパキッパキッと言う音も消えたので、家の階段の登り降りも出来るようになったのである。それでまたハードな訓練を再開出来たのであった。何回も言うことであるが、毎日二回七時間の訓練を二十年続けた震脚の回数は七百二十万回を数えたのであった。その後に私は遠く、タヒチの、ある島で尤氏長寿養生功の勁空勁の開眼を体験したのである。正しい震脚の訓練をすると筋肉が正しくついて、氣が蓄えられる。勁と空勁の原動力となる。だから、良師から正しく長い間習った良師の下で修練することが大事で必要なことである。

 

沈下丹田

文字通り、丹田に氣を降ろすことである。尤氏長寿養生功の修行の最大の目標だ。簡単ではない。長い年月の修行が必要である。私の場合は、毎日二回一日七時間の訓練の後に沈下丹田を達成したのである。沈下丹田は中国内家拳の達人が達成したい極意境地である。太極拳をしているからと言って沈下丹田になっているとは限らない。尤氏長寿養生功に於いては丹田に氣を降ろすことが最大の目的となるので、沈下丹田の達成は他の武術に比べて早くなる。もう一つ理由がある。通氣という儀式を受けて丹田に降ろした氣が上に上がらなくするのである。一旦丹田に降ろした氣が上に上がると自分の氣が軽くなってワザとチカラは半減する。氣が上に上がれば、病気にもかかり易くなる。氣が丹田に降りたままになっていることは大変重要なことである。沈下丹田は武術のみならず他の分野の身体活動にも影響を与える。丹田に氣が降りている状態は精神にも良い影響を及ぼして健康と長寿に大きく関係する。

 

オンライン個人教授

タヒチから、テレビ電話で太田氣功道場の指導員を氣で投げ飛ばすことが可能になっている事実をもっと拡げて、一般の方にも、遠隔で尤氏長寿養生功の訓練を体験してもらうことを提案するものである。オンラインでテレビ電話で対面しながら、この氣功の個人教授が可能になった。タヒチからもオンラインで可能である。何回も試して、氣を良く感じれば、空勁で動かすことも出来る。興味のある方は事務局まで連絡をいただきたい。最古の健康法が最新のテクノロジーと融合して私と直接個人教授を受けることができる。

阪神大震災

二十四年前にそれは起こった。私は当時、大阪豊中市の高層マンションの十四階に住んでいて、朝の三時から瞑想をしていた時であった。突然グラグラッと揺れて、その時にはカーテンを全て開けて真っ暗な外の闇が同時にパッと明るくなったのである。後で分かったが、地層がズレて磁気が発生して明るくなった と言う。私はその目撃者であった。私は立ち上がり、状況の確認をしようとしたが、私の強い脚でも立っていることはできなかった。揺れが止まることは無かったので、用意していた風呂に入って揺れながら、湯船に浸かっていた。道場に行くために幹部道場生のクルマで堺の街に向かうが、余震がひどく、高架の下に止まるのは危険なのを指摘しながら道場に三、四時間かけて到着した。神戸からの道場生の安否を確認して、道場が健在であったことを確認後、家に戻った。二、三日後には軽トラックを借りて、神戸まで救援物資を取りまとめて神戸に出発したけども、時速10キロほどでノロノロと一日かけて到着したのであった。途中二階が地面にある家を何十軒何百軒と見る。まるで爆撃を受けた街のようで、人々は冷たいコンクリートの上に蒲団を敷いて寝ている上から雪が降っていた。心はズタズタに引き裂かれた。これが私の体験した阪神大震災である。だが、大震災は初めてではない。アメリカサンフランシスコでも私は大震災を経験している。だから、あまり慌てることも無かったのである。サンフランシスコでは、そのときはキャンピングカーを持って来ていたので、何日でもそのクルマの中で生活出来るので安心だった。サンフランシスコのほとんどの四辻では逃げ惑うアメリカ人のクルマが衝突していた。我先に逃げようとする西洋人の醜態である。神戸では救援物資をもらう人々は列を作って順番を待っていた。同じ経験をしても、人間としての誇りと礼節を重んじる日本人を垣間見た瞬間だった。しかし、この大惨事の時を利用する者もいた。日本人の汚さと礼節の両方を見たのが私にとっての阪神大震災であった。もう二十四年になる。

おバカ師範

チャンバラと食レポをやっている尤氏長寿養生功のニセモノ師範たちがチャンバラと食レポを教える内容にしていることはすでに述べた。武術家を自称する者が武術を語らずに自分の食ったものをレポートして、尤氏長寿養生功を継承している、とのたまわる。また、キッパリと瞑想を教えると豪語する者がチャンバラをやって自慢する。どうしてこんなおバカ師範が自分たちの団体を立ち上げたのか、理解に苦しむのであるが、こんなおバカ師範たちに追従する生徒は本当にこのおバカ師範たちを師範と認めているのだろうか?類は友を呼ぶ、と言うから、生徒たちもおバカに違いない。一体何を教えたいのか良く分からない。中国武術で最強と言われた意拳の流れを汲んだ意拳から発展発達した氣功がチャンバラに変わって、食レポに変わる。何の為に私から尤氏長寿養生功を習ったのであるか考えたことも無かっただろう。自分の身勝手な我欲追及が理由で自分の道場を開いたのだ。何を教えたいのか自分でも理解していないから、チャンバラをしたり、食レポができるのである。とんだおバカ師範たちである。チョット理性のある者の笑いの種になっているだろう。こんなおバカたちに本気になって教えた私が情け無い。アホらしい。自分でも自分の醜態に気づかぬのだろう。一人は日本拳法のチャンピオンと言い、一人は教員免許を持つ学校の先生だと言う。こんなバカでもその肩書きは持てるということになる。