色即是空オンリーワン

般若心経の一句にある言葉、色即是空は全ての事象が移り行くモノで、執着心を持つことは修行の妨げとなって本当の幸せにはならない、として人生を送る上には愚かなことであると仏教で喝破している。武術においても、禅の修行と同じく、勝ち負けに執着心を燃やす者は大成しない。まして、昇段に金銭授受があったり、道場生からカネを盗ったり、借金して返済もせずに武術家を気取り、宗家創始総師範と自称している者などを私の長い武術武道人生の中で見た事は無い。しかし時代の流れの中にそんな恥知らずの武術武道家が出て来たのであった。禅も武術も「動じない心」を作るはずなのに、カネにこだわる者が武術家を標榜して見事に新武術で自分を大師範と名乗る。人生の醍醐味は他人を真似しない自分自身を作り上げること、オンリーワンの人生を送って世に貢献する生き方が武術家の目指すことではないか?武術家ではない人がそのような生き方をして、自称武術家は世にも珍しい、恥ずかしい生き方をしている。武術武道などは本当は私は武術家でござい、師範でござい、と自慢するモノでは無い。居合道八段です、明光武道の師範です、と言ったら現代の日本ではバカにされるのがオチとなってしまった。自慢や功名心は色で、執着心を持つべきモノでは無い。氣功武術も剣道も瞑想をしているはずなのに何を妄想していたのだろう。もう一度禅の寺にでも行って、初歩の段階の禅の修行をしてみたらどうだろう。見っともない、武術武道の名を汚す行為で、万死に値する。腹キリものである。

己れを貫く

人生を思いのままに生きることは素晴らしい。社会にお世話になったと言って、社会に何か恩返しがしたいという心で、リタイアした後にボランティアに残りの人生を賭けている老人は己れを貫く人生を送っている。一方で、ウソと虚偽で、己れを飾り、社会を惑わして多くの人に迷惑をかけて人生を歩んでいる者もいる。ウソと虚偽に己れを貫き通しているのだろうか?そんなバカ者はどの国の社会に もいるはずはない。人生の中で、自分の想いを貫くことは素晴らしいが、とても難しい。さまざまな逆境困難を乗り越えて、自分の想い通りの人生にするには己れを貫くしかない。逆境に負けて、カネを不正に手に入れて、悪どいことには他人の名前で借金をする、返済もしない。これは明らかな犯罪である。本人は犯罪と思ってはいないらしい。おじさんにその件と、一時は師匠であった私を「あいつ」と呼んだことを咎められて、おじさんの前に置いてあったテーブルをチカラの限りに叩いて、おじさんを威嚇したと言うのである。そんなバカなことをする己れを、新武術の宗家創始総師範と呼んでいる。剣道八段昇段の金銭授受など、可愛いモノだ。確かに己れのバカを貫き通している。ま、せいぜい自分で自分の人生に穴を開けるほどに己れを貫き通してもらいたい。 Good Luck!!

カネと武道

やはり、カネの不祥事と武道の問題はあった。全日本剣道連盟の八段昇段においてカネの授受が日常化していたと言う。尤氏意拳明光武道の姜吉隆のカネの不祥事の時には私は姜吉隆を破門に処した。今回のサムライたちへの処分はどうなることやら、、、。武術武道に於いてはカネの問題が介在する余地はないはずである。私は正々堂々と姜吉隆に未払いのカネの請求をしてはいるが、今でも返事はない。そして日本拳法に私の教えた尤氏長寿養生功の瞑想を加えて、新しい氣の武術尤氏意拳明光武道の名前を付けて宗家創始総師範と自分で自分を勝手に呼んでいる。呆れた茶番である。何処に真実があるのか分からない。パッチワークのようにあちこちツギハギだらけの新武術で自分の精神年齢を現す内容の中身が日本拳法に過ぎないものを後生大事に日本で初めての日本の武術であると豪語している。私に言わせれば、噴飯モノであって、氣功武術尤氏長寿養生功の名を汚している。居合道の連盟は一刻も早く、処断するべきである。日本拳法の連盟も姜吉隆を処分するべきである。これ以上私をガッカリさせないで欲しい。武術武道に携わる者は時代が変わったとはいえ、サムライの心を持つべきであろう。尤氏意拳明光武道はカネとウソの二つの問題を抱えて、一体 何処へ行こうとしているのであろうか?

無欲

久しぶりに明るいニュースを聞いた。行方不明になっていた二歳児をボランティアの老人が見つけ出したと言う。いつも社会のカネと欲に絡んだ話をニュースで聞いたり、追いかけている強欲とウソまみれの人間の話ばかりしている私には、日本人はまだ捨てたものでは無い、という感動的なストーリーであった。無欲で事に当たると、簡単にものごとがうまく運び、願いが叶う典型的なひとつのことだろうと思う。私欲が無い願いは叶えてもらえる。いつも言うあの忌まわしいウソや虚偽が無いので、天が助けてくれた。私に言わせれば、心が、氣が、神に通じたのである。ウソと虚偽で、野心タップリに功名とカネを手に入れようとする行為は天と神に嫌われる。見返りを求めない行為は天と神に認められ、社会が称賛する。今回の無欲のボランティア老人の行為は私に刺激を与えてくれた。私がタヒチに住んで行う治療も見返りを求めない。私にはこの老人は教養の無い人間であると言って、謙遜していたが、どんな教養のある人間よりも、社会に貢献している。また私に言わせれば、人生を思いのままに生きる人生の勝利者となっている。どんな武術家であっても敵うことは出来ない。彼に勝つことは出来ない。

野心

野心と言う言葉を検索すると、「分に似合わないものを獲得しようとすること」とある。これを受けて、尤氏意拳明光武道の神田真澄こと姜吉隆を振り返って考えてみると、まさにその通りで、姜吉隆の分には似合わない最高の武術の師範になること、自分の年齢にそぐわない収入を得ることには手段を選ばぬやり方で、野心を現実化しようとした者である。文武両道と言って、勉学と武術は両立する、両立出来るものなのである。私が出会った時には志望大学を何回も滑って、自信も希望もない自分の将来に悩んでいた時期であった。師範と収入の両方を手に入れる手段をその時に考えついたかどうかは分からない。私のように触らないで相手を投げ飛ばしてコントロールする氣を簡単に与えてもらえるものであると思っていた節がある。信じられないことだが、本気でそう考えていたと思われる。何回もこのブログ記事に書いたように勁空勁は血の滲むような訓練の末、何十年と修行した結果に出来るものなのである。出会うまでにさまざまなものを苦労もせずに全て与えられて来た恵まれた環境で生きて来て、今回の尤氏長寿養生功も与えられるものであると思ったらしく、日本拳法の大会でも、私が氣を送って、ついに日本拳法で優勝したのであった。私が東京の道場を任せるに私の太田の名前を使った方が道場生を集めやすいとのことで名前も使わせたが、まさかその時には私の名前で権威を使って道場生からカネを集めて借金したりするとは思いもしない。努力せずに今回も欲しいものを手に入れたけども収入が長続きしない。そこで、私を神のように祭り上げてウソと虚偽で東京の道場を自分の思うように操作することになり、私的な生活のカネに困り、寄付という名目でカネを集めて私の名前で大借金して返済もせずに今に至る。師範という肩書きは捨てられない、私から習った初歩の勁空勁を尤氏意拳と呼び、勁空勁が思うように出来ないと見るや、日本拳法を明光武道と呼び始める。どうせ武術であるならグローブと胴をつけた拳法ならチャンピオンにもなっている。ちょうど良い!大本で習った何でも日本に帰する、日本に最初のものがある、と言うことに活路を見いだしてついには自分が最初の明光武道の師範に収まってしまった。何の努力も修行も無く、野心タップリに、日本拳法を明光武道尤氏意拳と名前を変えて宗家創始総師範と名乗っている。野心は我欲である。自分の欲しいものを手段を選ばずに手に入れる時にはウソと虚偽でも構わない。このように手に入れたものは、中身の無い、実体の無いものである。経験がない、実力と資格もない。何でも寄せ集めでごまかしている。幽霊のようなもので、全て事情を知っている私には、バカバカしくふざけたものである。本当の野心家はこんなことはしない。どんなに辛くとも修行を貫き通して自分の世界を作る。尤氏意拳も明光武道も実体の無い世界であって、この世には残らない。幽霊のようなもので、いづれ消え去る運命にある。それにしても、あまりにたくさんの人とドクター尤、師母、日本拳法創始者の顔に泥をぬってはいないか?

野心の最期は醜い心の末路となって醜い結果となる。何も残らない。

 

完璧

尤氏長寿養生功の訓練は完璧を求められる。伝統のワザと言うものはどんな芸術も文化でもそうであろうが、完璧を目指さねば、認められることなどはない。たったひとつの動作に何十年と言う年月をかけて完成を目指す。一般人には気の遠くなるようなことである。何十万回、何百万回も繰り返した後に到達する筋肉が勝手に覚えるように擦り込むような訓練の後に出来る動きがある。見ることが出来ない氣が、身体の中にある氣が、外に出てくるまで、訓練を続けることである。そんなになるまで訓練するとハガネのような肉体と同じように頑丈でしなやかな心も出来上がる。このプロセスを経ない者の言うことは軽く、いくら言葉を上手く使っても、人々の心には響かない。チャラチャラして、経験が少ない分、さまざまな他人を真似するしかないので、真似一色になって、まるで色がごちゃ混ぜになったものになり、全く違ったものになってしまう。出藍の誉れとはならない。一方、師の教え通りに修行を行う者は基礎の部分が大きいので、新しいことを始めても、真似することがないので、別な色にはならない。同じ色愛でも、オリジナルの色より鮮やかになって、出藍の誉れとなるのではないか?これが私の求めて追いかけたものである。そして、今でも求めているものである。完璧と出藍の誉れ、である。

願望と行動

私は初めから尤氏長寿養生功を教授するいわゆる師範になりたくて師母の道場に入門したのではない。何遍も言っているようにその内容があまりにもユニークで珍しく私の興味をそそるものであったので、毎日通って習得したいと思い、練習に汗を流すことが、マラソンランナーズハイのようになって風邪を引いた時も練習後には治っていた次第で、いつの間にか私にはかけがいのないものになって、通氣の後に日本のテレビ局に招待されたことがきっかけとなって、なんとなく教えることになってしまったと言うのが本当のことである。しかし、私がこの世で最も尊敬する武術が尤氏長寿養生功であるので、教えるのならば、私が最高のワザと氣を身につけて教えたいという願望を持つようになった。それがきっかけとなって、世界の各地で初対面の武術家やスポーツ選手と氣の交流をして、私の実力を見極めた後に日本に道場を開いたのであった。道場を開いた直後は、私がテレビに出て名が知られるようになっていたので、まるで昔の道場破りが私の道場に押し寄せて、私のチカラを試してやろうとする無礼な氣の使い手と称する輩は大勢いた。こちらも負けてはドクター尤と師母に申し訳がないと思い、完膚なきまで相手を投げ飛ばしたものであった。いわゆる、ひやかしといった者もいて、ある時などは、本気で対したら大ケガをすると思い、一応、受け身は取れますか?と聞いた後に軽く人差し指で両肩を押したら、相手が空中へと跳び上がって、後ろ向きに頭からコンクリートの床に着地して一瞬ろれつの回らなくなってしまった者がいた。この時ばかりは、さすがの私も顔が引きつり青ざめて冷や汗が額から流れ落ちたのである。この時に何故ドクター尤が初対面の人に勁空勁を試さないのか理解出来たものであった。大変に危険で、死ぬこともあったかもしれない。特に王向斉老師の時代は戦前の殺伐とした時代でもあったので、例え、弟子であっても、練習は真剣で、大ケガをする弟子がたくさん出て、ドクター尤が王向斉老師にもう少し手加減しないと弟子がいなくなってしまうので、氣をつけてください、と進言したと言うのである。養生法としての尤氏長寿養生功が初対面の人に大ケガをさせてしまったら、養生功ではなくなってしまう。それ以来、充分にケガさせないよう気をつけている。受け身を訓練してから勁空勁を試すことにしている。何か願望を現実化しようとするには、行動しなければならない。ただ思うだけでは現実化しない。ましてや、いつも言うようにウソと虚偽でその自分の願望を現実化することなど、もちろん出来ない。血が出るような訓練と初対面者との真剣なやり取りで、自分のワザを試さないと自分のワザを磨くことなど出来ない。自分の身にも危険が伴うこともある。私には後悔は無い。