日本人は芸術に道をつけることが通常のことである。武ならば、武道、柔道、空手道、人ならば、人道などの道をつける意味は精神的支柱を自分がしていることに持たせようとする日本人のまじめな性癖から来ているものと思われる。道の中には人生を歩む、の意味も含んでいるだろう。特に武道の場合、人格を磨き、人間完成を目指して修行する意味合いもある。昔なら、人を殺せる日本刀を腰にさすから、その責任は重くなって来る。現代においては命のやりとりをする武術武道はないので、余計に人格形成や心の修行が主たる目的となるだろう。そんな現代の武術事情を鑑みる時には武術家として絶対にしてはならない不文律と言うものがある。経歴の詐称である。まして、武術武道を教授する立場にある者が習ってもいない経歴を習ったとして武術の師範に収まってしまった者がいるのである。我等が尤氏意拳明光武道の大師範である神田真澄こと姜吉隆である。私の師である欧陽敏師母に数年間の訓練を受けて日本に帰国したとホームページに書いてあったのを私はその記事を読んだことがある。そんな事実は一切無い。一体アメリカに数年の間住む時には何のビザを取ったのであろう。そしてサンフランシスコの師母の道場の近くに住居を構えねばならない。私の知る限りでは、私の家に一カ月滞在しただけのアメリカ滞在であった。旅行者の最長の滞在期間は一カ月で、それ以上は違法滞在となって入国管理事務所の捜査が入り、強制送還の対象になる。一カ月以上の滞在は違法で、それでも数年滞在して訓練を受けたと言うなら、それは真っ赤なウソになる。そんなウソまでついて、習ったとすることは何を意味するか?私になりたかった。私になりすまして武術氣功の師範になりたかったからとしか思えない。しかも尤氏長寿養生功の真髄を習得したと言う。武術氣功を一カ月訓練して師範にはなれない。期間が短かすぎる。私が教えた初歩の初歩の勁空勁を以って真髄と言っているのであろうが、とすれば、よっぽどのアホウか、よっぽどの不遜傲慢な者である。私が手伝ってやっとのことで取った日本拳法のチャンピオンの肩書きだけで、意拳の流れを汲んだ尤氏意拳と言いたいのであろうが、全ての裏の事情を知っている私がいる限り、その野望を果たすことは出来ない。道を踏み外した武術家は、尤氏意拳日本拳法も教えることは出来ない。おそらく日本拳法の団体にも所属しないで日本拳法を教えているのであろうが、また、日本の世の中を欺いて、軽く考えて、日本の社会のルールを守っていない。ウソと虚偽と抜け道をいつもの生き方とする。ここまでバラされたら、万事休す、である。道は道でも、抜け道をして、安楽な近道をいつも探す。そんな修行は武術武道には無い。道を踏み外したならば、正道に戻り、コツコツと踏むべき階段を登って、自分の到達したい所まで歩むことである。他に近道はない。楽ばかりすると苦が待っているだけの話である。苦あれば楽あり、くだらない食事の写真ばかりホームページに掲載しているようでは、意拳の真髄には到達してはいないと思うが、どうであろう?

破門

尤氏意拳明光武道の関連したブログや何かの説明を読むと、2011年に独立した、と書いてある。コレは間違いである。独立したのではない。破門されたのである。破門された、とは自分で言えないので、いつものようにウソついて、独立したとカッコつけしている。道場生から寄付金と称して集めたカネが使途不明と言う、武術史上前代未聞の不祥事を起こした理由で私に破門された、と言うのが正しい経過である。私はウソは言わない。一方、尤氏意拳明光武道の神田真澄こと姜吉隆は今までに、ウソと虚偽で自称武術家を演じて来た。今もウソとは縁が切れてはいない。尤氏長寿養生功を継承している私に破門された者が尤氏と名乗ることは今また、ルールを破っていないか?本当の武術家ならば、社会のルールは守るのが当たり前ではないか?ウソもつくことはないだろう。ホンモノの武術家でなければ、何をしても良い、ということか?尤氏長寿養生功を破門された者が尤氏意拳などと大それた名前をつけて世の中を欺いていることを私が糾弾して非難することは正義であり、当然なことである。実力が私より上ならばまだしも、いつも言うハナクソの勁空勁では、そして破門された事実があれば、尤氏意拳の名前は荷が重すぎて意拳門下の関係者のもの笑いのタネになるだけである。

活動資金

東京六本木におけるデモンストレーションを当初、無料で行う予定ではあったが、本年の海外出張と地方での講習会の活動資金が不足しているので、有料にしてみなさんに資金を援助していただきたい。以前にも言ったが、援助いただいた資金は尤氏意拳の姜吉隆のように私的な用途に消えることはありません。私の向こうを張って、姜吉隆は現在ハワイに行って、遊んでいるようですが、私がタヒチと言えば、ハワイ、サンフランシスコの新聞に取り上げられたら、カナダのバンクーバーの新聞、と言った具合に私の後を追って、真似をするばかりのブジュツカである。恥も心も捨てた者である。おそらく、私がデモンストレーションを開催すると、また真似をして、尤氏意拳のデモンストレーションを開くに違いない。両方参加して、その勁空勁の質とレベルの違いを比較していただきたい。太田氣功道場が有料のデモンストレーションをすれば、同じように有料のデモンストレーションの計画を立てると思うが、尤氏意拳のデモンストレーションにはカネを払って観るだけの価値はない。

傲慢

先回の站椿で述べたのであるが、意拳の王向斉老師の弟子たちが韓氏とか姚氏と言ってそれぞれに意拳の継承を掲げてそれぞれの流派とでもいうのか、解釈の違いを表明しているのかもしれないが、先回も言ったように、尤氏意拳などと言うものは存在しない。たった一カ月しか私から習っていない者が自分で勝手に考えてひねり出した名前である。私でも恐れ多くて考えもしない名前である。私は尤氏長寿養生功を三十年の間、師母と一対一の訓練を終えて、日本で太田氣功道場として尤氏長寿養生功を教授している。武術的な意拳を除外して長寿養生を目的としたドクター尤老師の本意は武術では無く、意拳の健康増進養生法を教える氣功を目的に站椿と勁空勁を手段としたのであって、決して傲慢な、武術家を装い自慢して自分一人の栄誉の為に尤氏長寿養生功があるのではない。ハナクソほどの勁空勁が出来るからと言って、韓氏姚氏と張り合って、傲慢にも尤氏意拳などと自分の身に合わぬ名前を選ぶ者の心は実に傲慢不遜である。メクラヘビに怖じず、の類いの行為なのだ。身なりは立派に見えるかもしれないが、心は飢えた豚のように醜い我欲の塊である。

站椿

人間が歳をとると、脚の筋力が弱まり、老化をますます早める。立つということは非常に科学的で哲学的なものである。我々の体重を支える筋肉は生まれてから毎日の人間の活動の中で自然に鍛えられるもので、特別に体重を支える為のトレーニングをすることはない。武術を習得する際の訓練に、立つトレーニング站椿を取り入れて身体の中心線を守り、自分の正中線を鍛えて脚腰の筋力を高めると自然に健康になり、長寿につながるのである。意拳の王向斉老師の下に集まる道場生がいつの間にか老齢になっても健康で長寿になるのを見て、医師であったドクター尤老師が站椿功と健康長寿に関連性があることに気づき、尤氏長寿養生功を設立するに至ったのである。王向斉老師の弟子が、韓氏とか姚氏と言う名前をつけて意拳を継承していると  主張した訳であるが、ドクター尤老師は尤氏意拳など言う名前をつけることは無かった。唯一人、長寿養生功と呼ぶ氣功に発展させて、勁から、空勁へと向かう道を選び、意拳を活人の氣功長寿養生功に昇華させたのであった。その站椿の医学的効果が認められて、今では、中国では站椿功が癌治療に使われている。脚腰の筋力を高めることで体内の免疫力を活性化させて癌細胞を抑制することが解明されたのである。站椿によって守られる中心線、正中線は精神的な療術効果もあり、免疫力強化にも役立つことが医学的にも証明されている。たかが立つ、されど立つ、である。武術的にも医学的にも効果が確認された站椿は人類に貢献する内容を保持している。現代の世の中に、世界のすみずみにまで、喧伝されるべきもので、これより日本のみならず、タヒチ、フランス、他の国々にも紹介する計画を立てているのである。

一万ボルト

サンフランシスコの道場に私の先輩がいて、シリコンバレーの世界的に有名な会社のエンジニアであったが、ある日仕事をしている最中に一万ボルトの電流が流れる電線に触れてしまったと言う。その事故の際の出来事が大変に面白く、興味深かったと言うのである。一万ボルトの電線に触れた瞬間、空中に跳ね飛ばされて、高い天井に頭が当たり、床にドッタリと落ちてしまった。脚の筋肉に一万ボルトの電流が流れると人間の身体を天井にまで飛び上げるチカラを電気は持っていると理解したと言う。彼はエンジニアであるので、ものごとを理性的に科学的に分析する。その昔、王向斉老師が挑戦者を天井や壁にまで吹っ飛ばしたチカラは氣のエネルギーが一万ボルトくらいの量があったのではないか?と言っていた。私は王向斉老師が、まるで映画のスクリーンに現れて武術家どうしの対決を見ているような気分になって、興奮しながらこの貴重な体験談を聞いていたものである。私の勁は一万ボルトには遠く及ばないが、時折、十年来の指導員が電気ショックを受けたような反応をしている時にはこの中国系アメリカ人の話を思い出す。

大周天

氣功には中国人の数だけの種類があると言われている。道教の氣功の氣の流れは小周天を作り、回す。一方、尤氏長寿養生功の氣の流れ、回し方は大周天である。道教小周天が身体の督脈と任脈を通して身体の内側を回すのに対して、仏教の大周天は天の氣が頭頂より体内に入り、身体を通って、足裏の湧泉のツボに抜ける。抜けた氣は天に戻ってまた頭頂の百会より体内に入り、湧泉に抜ける。この氣の流れを瞑想中に延々と回すのである。もちろん、呼吸に集中することは当たり前のことである。道教の呼吸法は丹田に意識を置いて、複式呼吸をせよと言われるのに対して、仏教の呼吸法は、複式呼吸ではなく、自然呼吸をするのである。複式呼吸ではあまりにパワフルな呼吸の仕方であるので、電気で云うフューズが飛んで、電気が消えてしまう道理を理解しているからである。