尤氏長寿養生功

私が学んで、修めた武術氣功、尤氏長寿養生功はご存知のように中国の大成拳、意拳チベット密教の瞑想を融合して、殺人のワザから活人のワザへとドクター尤老師が、苦心の末にご自身の医師の立場から考案して、長寿養生法の氣功である。私がその尤氏長寿養生功を日本に移植しようと二十五年ほど前にテレビに私の勁と空勁を紹介したのち、すぐに私のニセモノ尤氏意拳と自称する武術が現れて、今また、キッパリ道場と言うニセモノ瞑想が出て、尤氏長寿養生功の武術氣功を武術と瞑想に分断してあたかも、尤氏長寿養生功を切り崩すような不正行為をして、それぞれに道場を開いている現状であるが、尤氏長寿養生功は武術と瞑想に切り分けることは出来ないことをこの不正な輩たちは知らないらしい。何故に切り分けて武術、瞑想に分裂させるのであろうか?その理由は尤氏長寿養生功が勁空勁を含めて、基礎訓練法も瞑想もひっくるめて、統一して全体を尤氏長寿養生功と呼ぶ。それなのに、自分がカネを稼ぐのには瞑想を小分けにして教えて自分のバックグラウンドに都合の良いようにパッチワークのようにツギハギにくっつけて、上手くカネ儲けの手段にしたかった。そして、日本拳法しか出来ない者はこれ幸いと、私が教えた初歩の勁空勁をオレも出来る、としてマスコミに登場して私の二番煎じを演じて悦に入っている。尤氏意拳と言ったら、ドクター尤老師本人が使うべき名前であって、意拳のワザも習っていないただの格闘技の日本拳法しか出来ない者が使う名前ではない。武術をやってる者が、尤氏長寿養生功を私から少しでも学んだ者が、尤氏意拳と自称するのは僭越で、生意気で、幼稚な者、としか思えない。恥も外聞も無いこの両名は尤氏長寿養生功を利用して、自分の踏み台にして、自己顕示欲を満足させて、カネ儲けを企んだ者たちであった。尤氏長寿養生功を丸ごと学ぶ気も無い。都合の良い部分だけ抜き取って、自分に都合良い屁理屈を上手くつけて、生徒を集めている。それだけ尤氏長寿養生功のチカラとワザが素晴らしい証拠である。中途半端に一部分を自分の生活の糧とする。浅はかで精神年齢の低い者がたどる道はしっかりと整備されていないので、生徒が例え、集まったにせよ、その道は険しく、いづれは倒れて崩壊するだろう。武術と瞑想の融合した形が尤氏長寿養生功なのである。私は武術だけ、瞑想だけ習ったのではない。私が三十年の歳月を経て学んだものは瞑想と武術が融合した氣功武術の尤氏長寿養生功であった。私は完全なシステムとしての尤氏長寿養生功を偽り無く、ウソ無く、学んだので、この両名の通る道と私の道を比べれば、私の道、道場に正統性があってすぐには崩壊しない、末代まで続くことになるのは、目に見えている。全体で生きているひとつのものを切り分けてその部分が生き残ることはない。

情けをかける時には危険なこともある。情けを利用して、自分の我欲を達成する為にそのかけた情けを踏み台にして自分だけがのし上がろうとする者がいる。ふた通りの人間がいるだろうか?情けを恩に感じて、その恩に報いて感謝を伝えて成功する者が一つで、情けを当然なものにして、恩とは思わない。逆に何か志しの無い事を達成しようとする者の二通りの人間がいるだろうか?私が出会いのあった二人の情を失った者たちは明らかに私の情を利用して、尤氏長寿養生功の武術と瞑想を盗み取るような行為をして、今、それぞれ、自分の道場を開いているのである。恥も外聞も無い。今の時代に情けなどと、古臭い!と言われるだろうか?そんなことはない!どの時代であろうが、人間が情けをかけられて、どうでも良い、迷惑だ、とか思う者はいるだろうか?今の時代でも、人間、特に日本人には基本的な社会生活を送る上には必要で、社会生活の潤滑油となる重要なものである。その情に対して唾を吐くような態度で作った道場には同じエネルギーを持つ者たちが集まり、この両者のニセ師範は他人の情が一番必要な時に情けはもうかけてはもらえないだろう。人生を送るあいだには人間の暖かい感情に何の反応も無く、損得勘定で生きる者もいるだろう。損得のバランスで自分に都合良いことだけを求める者は意外に成功はしないものと相場は決まっている。古臭い情で生きる者は他者から、自分が一番困っている時に救いの手を差し伸べられることは良くあるものである。結果的に上手くことを進めることができる。

瞑想

瞑想というものは、人間の脳に直接影響するものであって、瞑想の長い時間と経験が指導する時には必要となる。初期の段階では浅い瞑想なのであまり脳には深刻な影響はないだろうが、少しずつ瞑想が深まって来ると、瞑想中に神秘体験のようなサイケデリックなものが目に見えたり、幻聴を聴いたりして、精神的におかしくなったと思う者が出てくる時がある。そんな時に指導者が同じ体験をしていないと対応が出来ない。放って置けば、危険なことが起きる。尤氏意拳に気の狂った、偏差を起こした者が出て、私に何とかしろ、と連絡して来たことがあったけども、私は何にも出来ない。指導した者に責任があることを伝えて、その者に何とかしてもらうように言ったのであるが、いつものように責任のないオトコである。もう一人、責任のないオンナが現れて、危険な瞑想を教えている。初歩だけの瞑想を勝手に教えることはとても危険なものである。前述の幅広い段階の瞑想を知らぬと生徒の一人が神秘体験をした時に、指導者の経験がないとそこから抜け出せないことになって、脳に多大な影響を与えてしまう結果となる。私の知っている限り、キッパリ道場の総大将は神秘体験すらしていないはずである。瞑想の幅広い経験体験が無いと、今言った通り、危険なことになる。賢明な、理性と良識ある者は、充分な瞑想時間を有する瞑想の指導者を探すべきである。

共存共栄共生

アメリカで私が尤氏長寿養生功を自宅で教え始めた時も野心を持った者がやって来て、道場内の雰囲気を壊す者は少なくなかった。生意気な態度で、私に競争する姿勢を私の前でも隠さなかった。そして私は道場に来なくて良い、と言って、事実上破門した。途中、こんなことの連続ならば、道場は崩壊する、と思い、みんなと仲良く、共生してはいけないか?と思い、道場の目的の一つとして、共存共栄共生を掲げたのである。今尤氏意拳宗家創始総師範と自称する姜吉隆にも共生を訴えたのであったが、どうも自分で独り占めしてドクター尤、師母の系列を自分一人が継承したかったらしい。ウソをついても、私を押しのけてでも、自分が総師範で宗家創始になりたかった。もう一人のキッパリ道場の自称総大将山地 花緒里にも同じように共生共存を促したけれども、また、一人で瞑想の道場を開いてしまった。氣功女子の指導員として氣功女子部のリーダーとして指導員になって欲しい、と言ったが、やはり、自分がトップになりたいらしい。どちらも尤氏長寿養生功の太田氣功道場の傘下では氣功武術をしたくはないらしい。私の下では情報収集をして、いつか、機会あらば、自分の道場を開く予定であった。その為には、ジッと我慢して、その機会を窺う。危ない人物たちである。こんな輩たちにはどのように対応したら良いのだろうか?それだけ尤氏長寿養生功の内容がその者たちには魅力的なものであった。尤氏長寿養生功を社会の中で目立たせる自分の手段としたかったのである。こんな心の歪んだ者たちの自分を売る道具には尤氏長寿養生功を利用させてはならないのである。私が平和的な、みんな仲良く、日本人同士助けあって共有する目的を達成しようと言う私の気持ちを無視して己れの欲を満足させる汚れた道を歩む者たちがこのようになったのは、何が原因しているのだろうか?

大相撲

日曜日の練習が終わり、帰宅して、このブログ記事を相撲を見ながら書いている。尤氏長寿養生功の訓練は、以前にも説明したことはあるのだが、相撲の稽古とあまり変わらない。というより、同じである。四股を踏んで、相撲では足腰を鍛えるのだが、尤氏長寿養生功ではいくつもの型によって脚腰を鍛えるのである。そして震脚、ジャンプで更にもっと脚腰を重くする。相手がいて、両肩をチカラいっぱい押しまくり、どちらか押し勝った方が勝つことになる。氣功と言っても意拳の 流れを汲んだ武術である。単なる格闘技や瞑想ではない。勁空勁を学ぶ準備の基礎訓練である。私は相撲が好きで、毎場所興奮しながら観戦している。番付の上位者や横綱は氣が良く出ていて、テレビにその氣が見える時がある。横綱が下位番付のお相撲さんのブチかましを受ける場合などは、私が指導員や道場生が押して来るのを私の氣を使い、両肩で受け止めることと全く同じことをしているのである。すり足で前に進む。同じことを訓練で数珠つなぎでやっている。この場合、私の氣で下に下げられてアヒルのように歩く。ヒーヒー、ハーハー、言いながら、大粒の汗をかいてヨチヨチ歩いている。他の人が見たら、信じられない光景だが、実際に道場で我々が毎回当たり前なこととして訓練しているのである。違いと言えばこれくらいで、あとの後半の練習では勁空勁で私が指導員と道場生を投げているが、最近では、オバケの拳法が重くて強い氣がその効果を発揮している。

キッパリ道場にモノ申す

キッパリ道場自称総大将山地 花緒里に言いたいことがある。少し前にブログだったか何かで私を念頭にあなたはあなたの道を、私は私の道を行く、と書いてあるのを読んだのであった。私には非常に不愉快で無礼な文章で、誠意を感じられない、謝罪をするのならば、キッパリと謝罪をしてもらいたい。何か自分が不正な行動を起こして、周りの人間が不快、不愉快な想いをして、私のブログで給弾されてその記事を気にしているのであれば、私と対等なものの言い方をするのは常識のある人間ならばするはずが無い。私には無礼であって、こんなことを仕出かしたら、対等な立場にはお前はいない。お前は糾弾されている側にいる。退会する時には道場を開くことは言わずに秘密の瞑想の情報を集めて、修行半ばで逃げるようにしてコソコソ道場を開く者が私に対して対等な口を聞くんじゃない!そもそもお前の修行と私の修行を一緒にするとは、、、。お前の三年と私の三十年の修行を同等にするな!お前の今までの人生の時間を私は瞑想して来ているのである。瞑想を簡単に考えるな!瞑想は、モデルのウオーキングとは分野も質も量も全くかけ離れている。名前も住所も隠してこんな行為をすれば、瞑想の情報を盗み取る行為である、と事前に思わなかったか?盗っ人猛々しいとはこのことである。何が自分にそんな過剰な自信を持たせるのか??ニューヨークでモデルになったからか?モデルという職種がそんなに偉いものなのか?外見のことなら、服や化粧のことならば、私は何も知らない。瞑想は心の中身である。お前の道場で何を教えているのやら、私にはサッパリ、キッパリ、と分からない。中身の無い者が瞑想を教えられると思うのであろうか?中身が無いから、胸に隠すひと言がますます私を怒らせる。ある意味で、尤氏意拳の総師範姜吉隆より悪質である。

外見と中身

外見と中身の差が大きい職業の者と言えば、何といっても政治家だろう。外見と口のうまさ、言葉の使い方には感心するほどで、後で騙されたことに気づくが、あとの祭りで、悔しい思いをするだろう。同じような想いを尤氏長寿養生功を教えている間に二回も経験してしまった。今から思えば、両名は慇懃無礼で、中身がカラッポなのに、言葉や外見は政治家顔負けの立派なものだった。二人共に武術と瞑想をそれぞれ教えているのであるが、ホームページに掲載する言葉や写真は、花のように美しく、ソツがない。でも中身はない。修行が足りないからだ。どちらも修行半ばで私に破門されて、辞める時の態度は驚くほどに悪く、さっさと後足で砂をかけるように逃げていった。外見は中身を露わさない。私は外見はともかく、尤氏長寿養生功を学ぶことに重きを置いて、中身の氣を作ることに専念した。外見の良い者が中身の無いことに気づいて、中身を欲しがる時には見苦しく、大騒ぎして周りの人に迷惑かけて、私にすがりつき、チョット手に入れば、スタコラさっさと辞めていく。そして、自分の底の浅い道場を開いて立派に月謝を取って教え始めるのである。早く道場を開きたい者や口の上手い者、外見をとりつくろう者たちは中身と外見が一致しない。そして批判されるのを極端に嫌う。傷口をなめてもらうような褒め言葉を欲しがる。心の歪みと外見と中身の差は比例するようである。