情と契約

四十三年間、アメリカに住んで気づいたことであるが、決定的な日本人との違いをいつも見せつけられた。対人、対人間関係に於いて、求めらることは、法的な契約である。一方、日本では「情」が対人、対人間関係のあいだに存在することではないだろうか?アメリカに住んで、いつもある種の寂しさを覚えた。何かドライで、殺伐とした雰囲気が漂う。日本のしがらみを嫌ってアメリカに来たはずなのに人のおせっかいと日本人の対人の近い距離感が妙に懐かしい。アメリカに集まる人間はあらゆる国々からで、ひとつの国にまとめる為に法的な縛りや基本のルールがどうしても必要になるのである。契約が必要になる。そこに曖昧な情の介在は要らない。親子、夫婦でも契約が基本である。社会に出たら契約に反したら、罰せられる。日本人も例外ではない。長くアメリカに住めば、思考はアメリカンになる。長く住まなくても、アメリカンになってしまう日本人は多い。私はアメリカの土地は合っていなかったかも知れない。日本に帰って来て、心の底から日本の文化や社会と生活、日本語、漢字をエンジョイしている。漢字は初歩から、もう一度勉強し直して見たいと思っている。大学時代にアメリカから留学していた大学院の学生がある日、習った漢字をノートに書いて、読めますか?と聞いて来たが、どう読んだら良いかわからない。日本人でも読めない漢字を習っているらしい。これだけの日本語の教育を受けた者の日本語はどれだけのものになっているのであろう。日本人の情も理解したと思うがアメリカに戻って対人の基本が情から契約になるとどのように感じているのか、私には大変興味深い

   Subject    である。最近の日本のニュースの事件や出来事には情が少なくなって、契約が全てであるような、法律に引っかからなければ何をしてもいいと言うような風潮になっている。食事だけでなく、こんな事件や出来事まで欧米化が進んでいるのではないか?あの賤しい尤氏意拳の神田真澄ことカネだ吉隆も法律の網の目をくぐり抜けて、掠め取ったカネの返済を拒んで、いけシャーシャーと毎日のうまい酒と食事にうつつをぬかしているらしい。私は世界に誇る日本人の生活の基本である情がなくなっている状況を嘆いている。カネだ吉隆は日本人の情を利用して多額のお金を集めてトンズラ状態だ。情のある道場生が糾弾しないならば、カネだ吉隆を道場の責任者に任命した私はその任命責任を果たさねばならない。日本の傾向として、法律を基本の社会に転換せざるを得ないほど、欧米化が進んでいるのであるが、それを逆手に取って、法律の網の目をかいくぐり、カネを集めている輩が増えている。オレオレ詐欺は一生かけて貯めた高齢者のお金を奪い取っている。私はこんな非日本人を許して置く訳にはいかない。法的に逃れる言葉を使ってカネを掠め取った者は、特に私の家族同様の道場生から掠め取った者を絶対に許さない。残りの人生をかけて、追及する。日本の情は契約のアメリカから見れば、甘いと思われるかもしれないが、これは日本人が長い年月をかけて培って来た心の一部で日本人にとって、心地良く生きる精神文化なのである。それを逆手にとって、利用する者はアメリカで契約を基本に生活して契約によって罰せられて、初めて、日本の情をありがたく思うことになる。

広告を非表示にする

和魂漢才

私はアメリカに四十年以上住んで、

渡米前、日本に住んだ年月を超えてしまった。和魂洋才は明治以来の日本の国策でもあった。大東亜戦争後に私は生まれて、大学もマッカーサーの肝いりで作られた親米の日本人を作る為の國際キリスト教大学を選んだ。アメリカに住んで、さまざまな出来事があった。順風満帆であった訳ではない。アメリカに住んでも、日本人であることを忘れたことはない。どんな時も大和魂を持って行動を自制した。以前も言ったが、賤しい生き方だけはしたく無かった。白人アメリカ人は一般的におしなべて、東洋人に偏見と差別が見えない形で存在するようである。私が最後に家を購入した時も集合住宅のタウンハウスであったけども、自分の水準の下にいる内は安心して寛大であるが、いざ、白人の水準を超えると、嫉妬のせいか、途端に態度が変わる。それはさておき、この四十数年私が求めていたものは、一言で言えば、和魂洋才であった。日本の心で西洋人の知恵と技術を学ぶ。しかし、私が尤氏長寿養生功を学んだ後は、和魂漢才であった。アメリカの軍の士官学校の最初の授業は孫子の兵法であると言う。驚くべきことだが、西洋の極アメリカが東洋の極中国の古典から戦いのエクスパート達に中国の古典を読むことを勧めている。和魂漢才の上を行く洋魂漢才であろうか?私が尤氏長寿養生功を学んで、東洋の国々の文化芸術を理解することはこれからの日本に重要なことであると思うようになった。師母の道場には中国語を話す白人アメリカ人は結構いた。北京語どころか広東語まで喋った者が居た。日本に中国語を話す者は何人いるだろう。私はカレッジで中国語を選び、学んだけども日常会話の初歩で終わってしまった。日本は中国と韓国と近く接している。韓国は遠くて近い国と言われている。私はこれは言葉言語の問題からコミュニケーションが取れてないのではと思い、朝鮮語を韓流ドラマを見て少しの言葉は、楽しく、ドラマを見て覚えた。会話ができるまでには至っていない。日中韓三国人がひとつにまとまったら、西洋人の偏見と差別は少なくとも東洋人に対しては無くなるのではないかと思ったものである。いずれ、和魂漢才は和魂和才になると、私は信じてやまない。日本の科学技術は西洋を抜き、世界一になってきた。日本の文化芸術は世界で評価されている。世界の知識人が日本を絶賛している。日本の伝統芸術を評価しているのである。私の大きな夢は日中韓の文化芸術を一同に会して交流を深めていくことである。日本の伝統芸術文化に大きく影響することと思われるのである。尤氏長寿養生功が武術オンリーの段階から医療氣功仏教氣功へと変貌を遂げて、日本に伝わり、この先どのように変わっていくのか、私にはとても興味深いことである。尤氏長寿養生功は、今、

日本の精神文化に、医療文化技術に、段階を下げれば武道文化に影響を与えている。個人の変革から社会的変革へと、ひとりの望みや熱情が大勢の人を巻き込んで国の文化芸術に影響を与えて、変革して行く。私が尤氏長寿養生功に求めていることは上述したことで、日ならずして、その時が来るのをひたすら信じて修練と指導に毎日明け暮れているのである。和魂和才へ、、、。

広告を非表示にする

氣功の極意 意念淡白

前回の補足をしてみたい。意念淡白との言葉は聞いたことがない人は多いと思う。意念とはこうなって欲しいという願望である。人生の中で、自分はこうなりたい、こういうことをしてみたい。などの普通一般の希望願望である。しかし、人生の中で、希望願望は自分の望むようにはならないのが現実である。そんな時ならあなたはどうするか?自分の能力や分を超えて望むものであればどうするか。どんな人間でも、最初は努力して希望願望を達成しようとしないか?そして努力が能力以上に上回ると自分の夢は達成されるのではないか?しかし、努力が夢の達成に足りぬ場合は達成することはない。では自分の能力に見合った夢希望願望ならば、能力以上の努力もせずに達成するであろう。この未来の未だ来ぬことに大きな執着心を持って、見苦しく、動き回って、他人に迷惑をかけてまでバタバタするような行為は宇宙の真理、秩序に反するのである。大学受験で自分の能力を見返ることなく、やみくもに自分の望む大学に入りたいと思っても壁が高ければ、筋力をつけて越えようとせぬ限り、いくら神に祈っても壁は超えられない。大学受験に失敗する。自分の責任なのに他人のせいにするであろうか?無理なものは無理として諦めるのが普通一般である。執着心を持たずに次の目標を見つけて邁進しないだろうか?しかし、自分の能力以上に努力が勝る場合もある。大学受験に限らない。自分の努力を惜しまず、他人が百回するところ、自分は千回して他人の上を行く。他人が千回すれば、一万回、一万なら、十万回、十万なら、百万回である。私は実に十年で

三百六十万回のジャンピングを敢行したのである。そして、そのことを自慢すること無く、これで儲けようとか、テレビに出てやろうとかいう野心、願望も無かった。余りの面白さとこの氣功の人を変革するチカラに驚いて、このエネルギーを応用したら、どうなるか、自分のチカラがどこまで通用するか試して見たいとの願望であった。そこまではハッキリ覚えているが、後は意念淡白で、すっかり忘れてしまった。勝手にテレビ局が動き始めて日本のテレビ局に呼ばれて番組に出演したのである。強い希望願望の後は執着心を淡白にする。密教で生きているうちに願望成就の為に祈祷などするが、それだけでは成就はあり得ない。自分の強大な努力とその後のすっかり忘れて、自分の生活、修行に戻る。変な野心や野望は持たない。簡単に言うと、心を綺麗にピュアにする。こんな人に宇宙は密教はチカラを貸してくれる。そんな時はあれよあれよとものごとがうまく行ってくれる。自分の意識以外のところで動いている。不思議な状況だ。そんなことを私は何回も経験している。これを意念淡白という。あなたは自分の能力以上の努力をしたことがあるか?そしてその後はすっかり忘れてしまったか?そのプロセスを踏めば、夢希望願望は成就していたはずだ。私の一時期の弟子(私が認めた事は無い。自称である。)神田真澄ことカネだ吉隆は己れの夢希望願望を嘘と虚偽で達成しようと努力したが、嘘と虚偽は劣勢の負のエネルギーであるから、宇宙の真理秩序に反するので、夢希望願望は成就するはずはない。むしろ、被害者と感じる道場生に負の感情のエネルギーを受けてしまうから、その氣は重く強くまとわりついてろくなことが起きない。いろいろと自分の意に反してことが動いて行く。こんな人生は怖ろしい。氣功の大先生のように自称しているが、一番最初の大切な氣功の極意をすっかり忘れてしまった。この意念淡白が尤氏意拳に伝わることはない。

氣功の変化と変革

氣功をある一定期間訓練すると体内に氣が蓄積されて、自己の中に変化が起きて、ついに自己を画期的に変革する時が訪れる。才能と努力で氣を訓練した分だけ肉体は変化し、健康になり、自分の望むものが手に入り、以前より幸せに感じるようになる。そんなバカな、我田引水、人集めの口上だろうと性格の斜めな人はそう言うかもしれないが、私自身がそうであったし、私が教えた道場生もそうなった。私にとって、これはなるべくしてなった事実である。理由がある。

尤氏長寿養生功密教であるからである。即身成仏である。何も宗教をやっている訳ではないが、修行の中に密教

瞑想法が取り入れられているので、

否が応でも、そうなってしまう。人間の達成したい念願が勝手に成就してしまうのである。私はこの氣功の始めてから、三十年経つのであるが、今までこうなって欲しいということは全て実現した。

不思議でしょうがない。意念淡白という言葉がある。氣功と関係がある。自分の望むことを願うだけ願い、祈るだけ祈って、そうした後は、それを忘れて日常の生活と修行に専念する。すると、自分の望むことは勝手に達成される。氣功の極意である。私はこれで人生の危機を何度か助けられている。あたり前だ。氣は

神のエネルギーであるから、一生懸命に練功する者を神が助けてくれない訳はない。早くそれに気づいて訓練すると悪いことは避けて通り、人生は良い方向へ向かう。早い者勝ちである。人生は長いようで、短く、時間は限られて使えるカネも限られる。氣功に注ぎ込んだカネと時間の投資は私に最大最高最良のリターン、配当をもたらした。全ての日本人にお勧めしたい。

広告を非表示にする

氣感と講習会

武術やスポーツに関わる者たちが、あるレベルに達すると感覚が以前より一段とアップしてゾーンに入る時が訪れる。氣を感じるようになるのはこの時である。尤氏長寿養生功では初心者に教える大事な基礎訓練はこの感覚、氣を感じてもらう方法がある。両手を合わせて思い切り

こするのである。この後、両手を三十センチほど広げて、両手に何か感じるものがあるか感じて見るのである。誰もが持ってる氣なので、理論的には誰でも感じるはずである。ところが、氣功の治療師である者や長年の武術経験者にこの氣感がない者がいる。いつも不思議に思うのだが、理由としては、氣を感じるまでに修行と集中力や瞑想が足りないとしか思えない。この氣感覚があれば氣をコネクト出来るので、コントロールしたり、投げ飛ばすことができるのである。氣感覚のないものが講習会を受けるとお金と時間の無駄になるかもしれない。であるから、次回より講習会の前にこの氣感を訓練してもらってから講習会を受けてもらおうと思っている。この氣感覚がある参加者との氣の交流はいつもうまくいって、かなりのハイレベルのワザを体験してもらえるのである。参加者との成功率が百パーセントになる。

広告を非表示にする

私の足は赤ん坊

我々尤氏長寿養生功の基礎訓練、トレーニングを聞いて、さぞかし、筋肉がゴツゴツしている身体になってるだろう、と思われている方は多いと思う。実はこの私もそのような身体になっているだろうと思っていた。一度目の日本帰国の際、これほど訓練したなら筋骨隆々としているだろうと思い、あちこち裸になって見てみたけども、そんなことはない。三百六十万回のジャンプは足の裏がゴツゴツボコボコになってるだろうと思いイスに座って足の裏を返せば、なんと赤ん坊の足のようにフニャフニャで柔らかい。二十五年間バスケットシューズジャンピングシューズしか履いていなかった。色は白く何処を触っても柔らかい。私はプロのバレエダンサーを治療したが、その患者の方が足の裏まで筋肉で、ゴツゴツしていた。私の足を何度も見て、不思議な感覚にとらわれた。西洋の芸術と東洋の氣の武術の結果の違いである。無論、他の白人の足の裏までチェックしなかったのではあったが、

広告を非表示にする

卑しい心と賤しい人生

今まで人生の生き方について私見を述べて来たが、未だにウソこいて供出させたカネと私の名前で借金の返済を拒み、

鳥取の田舎に逃げて己れの責任を回避している神田真澄こと神田吉隆別名、カネだ吉隆は卑しい心で賤しい人生を歩んでいる。この負の行為はいつ終止符が打たれるのであろう。逃げれば逃げるほど、

責任を回避すればするほど、ドロ沼に落ち込んで、身動きが取れなくなる。大人の男じゃないから驚きもしないが、これほどアホーな奴だったとは思いもしなかった。卑しい心に馬鹿が加わるとこの賤しい人生となる。このまま負のスパイスラルの生き方となり、最期はどんなことになるのであろう?天国に行くことが無いのは確実だ。哀れしかない。