タヒチアンと私

タヒチでは気温が三十度もあり、温度差は四十度もあった。相撲取りのようなタヒチアンを氣で投げ飛ばしてコントロールするとこの映像がタヒチに一局しかないテレビで放映されると私はタヒチの地で超有名人になってしまった。アレよアレよと言う間に来年も町の予算でお前を招待するから毎年来てくれ、宿泊と食事も提供するから、ということになってしまった。私はそう望んでいた訳ではない。思いも寄らぬオファーに戸惑いながら、良く考えるとリタイアしている私には断る理由もない。  OK! また来ようと言えば、みんなどよめいて安心して喜んでいる。来年は話しを聞いて、より難しい症状の患者が押し寄せて来るだろう。

太田氣功道場も建設するからと言うオマケまでついて、市長と奥さん、関係者と私の会議を終了した。結果、今年島でとても大きいホテルが六月竣工、来年

そのホテルに私が泊まり、治療台も貸してもらえて、無料で私が市民の治療する。そのホテルの隣に氣功道場の建設を進める。日本より早く、一円の出費無く、道場が建つことになってしまった。

私の氣功治療の実力が認められたことに対して、素直に嬉しい。日本人に道場は何処にありますか?と尋ねられて、道場はタヒチにあります。という冗談ではない本当の話しをせねばならない。

私の幸せは絶頂に登り詰めた。これ以上の幸せはない。尤氏長寿養生功を訓練するとこんなにも幸せになる。日本の全ての日本人に尤氏長寿養生功を修練してもらいたい。日本人に幸せになって欲しい。海外の講習会を皮切りに、外国人にも幸せになって欲しい。タヒチの人々は

笑顔と冗談が日常の幸せな生活を送っているので、もっと幸せになって欲しい。

どうも幸せは感染するのではないだろうか?あるいは、幸せな生活を送ると幸せな人々と出会うことになるようである。

タヒチアンと私は密接な繋がりでしっかりと結ばれている。私がタヒチアンを

好きなので、タヒチアンも私を好きに

なってくれる。相思相愛の間柄の関係だ。この関係は私が死ぬまで続くだろう。あと五十年は生きるつもりでいるのでRaiatea島の氣功道場の道場生は島民全員になる可能性が高い。アイタペアペア。問題ない。

広告を非表示にする

自分の身は自分で守る

日本は安全で無くなった。地震北朝鮮の核ミサイル、火山、そして無差別殺人、詐欺、天災は致し方無いとして、

他人が、他国が、自分を傷つけたり、殺そうとする場合、あるいは、家族に危害を加えようとする時はどうすれば良いのであろう?私にすれば、やられる前に

やる、危害を加えようとする時は、

それ以上のチカラを持たねばならない。

私がアメリカで護身用に拳銃を持っていた理由である。あのクレージー金正恩

のミサイルに対しては個人のチカラは

何にもならないが、気持ちだけは

自分の身は自分で守る、と思わねばならない。カネを奪う者には知恵とチカラで対抗する。私がコスタリカで出会ってしまった

スリと強盗はチンピラであったが、

女三人は思い切り蹴飛ばし、スリは顔の真ん中を

チカラの限り、突きをいれてやった。

女であろうがオトコであろうが、こんな時には遠慮はいらない。特に外国では

パスポートやお金は命づなである。

守らねばならない。神田真澄こと姜吉隆

もチンピラと同じく人のふところを

勘定してカネを搾取した。搾取したカネの返済を拒んでいる。こんな狡猾でゴミのようなチンピラが日本で武術の大師範、瞑想家と自称している。外国のチンピラと日本のチンピラに対しては自衛するチカラと知恵を

もって用心対処するしかない。

自衛権は世界各国で許されている。

日本だけは水と安全は無料で、安全は人任せ、警察任せであることに私は疑問を

持っている。

 

拝金教

尤氏意拳の神田真澄こと姜吉隆は

拝金教徒である。カネの不祥事を東京大塚の道場で起こして再三の使途不明金の返済を迫るも、いまだ謝罪無く、返済無く、東京大阪鳥取を逃げ回っている。

大本教信者を装い、実は宗教の教えを

自分の尤氏意拳の求心力としている。

自分のチカラに自信がないからである。

私も大本教の信者ではあるが、宗教のチカラを借りようとしているのではない。

勧誘もしない。姜吉隆は聖地で生徒と瞑想している写真などをホームページに掲載してまたもや自分のチカラではない

宗教のチカラを以って尤氏意拳の求心力としている。自分に求心力など無いからである。呆れるほど他力本願で、何故に瞑想するのか理解すらしていないだろう。全て、己れのカネを稼ぐ道具にする人間なのだ。私には姜吉隆の行動が、

手に取るように分かってしまうのである。拝金教徒は、今になって見ると

分かり易い。すべての方向性がカネを

向いているので、すごく分かり易い。

 

広告を非表示にする

二丁の拳銃

私は一時期二丁の拳銃を家に持っていた事がある。当時はカリフォルニア州でも、殺人事件の件数が記録的に増えていた。ベトナム戦争が終わって、帰還兵がアメリカに戻り、トラウマを持つ帰還兵が事件を起こすケースが多くあった。

自分の身は自分で守ると言うのがアメリカ人である。それで、私も二十二口径の拳銃と三百五十七マグナムの拳銃を購入して手元に置いて準備だけは怠らなかった。どちらも護身用ではあるが、マグナムは薬莢の火薬が倍ほどに入っていて、

車のエンジンを撃ち抜くチカラがある。

最近の北朝鮮の恫喝に日本人が右往左往してバタバタしているが、国であれ、個人であれ、暴力を持って、脅しをかける、生命財産を脅かす行動をとる者に対しては、護身の用意をすることは、私のように長年武術に携わってきた者には

当然に思えることである。北朝鮮金正恩などは自分の保身延命のみの政策を、

国民の犠牲で好き勝手な暴挙を行なっている。今の時代に独裁政権などは狂気と言える。二丁の拳銃は使うことなどは無かったけども、準備していたことに対しては後悔してはいない。

広告を非表示にする

誤解

私が当時東京大塚で私の名を使って

自分の好き放題に道場生をアゴで使っていた神田真澄こと姜吉隆を破門して道場生を取り戻した時に、神田真澄は私が

誤解している、と言ったそうである。

呆れた奴である。全てのウソが明らかになっても、言い逃れをする。私はこんな人間は生まれて初めて見た。こんな輩は神は許さない。最悪の結末を迎えるだろう。こんな人間とはもう関わりたくはない。私を失って今はこの保身の輩は、

人生がボロボロになってシェアハウスに住んでいる。因果応報の法則を身をもって、味わうことになる。私はこの自称総師範を失って、逆に全てがうまくいって、今年は海外講習会と九州講習会が開かれるまでになっている。邪魔をする

者がいなくなれば、氣が通るようになって当然だ。これで誤解などと、また他人を落として自分を上げる邪なウソをつく。

今となっては、姜吉隆のウソを信じる人間は誰もいない。時は過ぎる。ウソはバレる。人の評価は、時の過ぎた後にされる。ウソつきはウソつきとして正しい

評価をされる。

広告を非表示にする

新年のご挨拶

皆さん、新年おめでとうございます。太田氣功道場は、私が帰国して以来、四年目に突入しました。今年から海外でも

講習会が開かれることになりました。海外で認められて日本で又認められるいつものパターンを構築することの方が早い場合もあると思い、全力で前進する覚悟です。あのニセエセ尤氏意拳は少しずつでもポシャり、姜吉隆はシェアハウスに

今では住まざるを得無くなっておりますこれも皆さんのご支援の賜物と感じております。本年が皆さんの最良最高の年となりますよう私の最大の氣を送って

お祈りさせていただきます。

広告を非表示にする

本年最後の糾弾

あのニセエセ団体尤氏意拳の宗家創始総師範はカネの問題を起こして、逃げ回って詐欺同然の行為に対して、何の謝罪もない。このままうやむやにして民事事件の時効を待っているようである。逃げ得は許さない。カネの問題どころか、

私から一カ月ほど習った瞑想で、自称

瞑想家と言っている。勁空勁も同様に

尤氏長寿養生功を受け継いだかの印象を

世の中の人に与えて似非ニセ団体尤氏意拳を立ち上げて宗家創始総師範と自称している。全て自称である。真実なのは

私が氣を送って手伝って取った日本拳法のチャンピオンくらいのモノである。

これも自分のチカラで取ったようにして

私の名前など、どこにも無い。カネの

返済どころか、悪い事をした意識すらないようで、謝罪の一言もない。在日朝鮮人以前に人間である。たった一人の

出来の悪い在日朝鮮人がこんなことを

仕出かせば在日朝鮮人全体が同じ目で見られることを理解していないらしい。

こんなオトコが立ち上げている武術団体に入会する者がいて、鼻くその役職を

もらい、喜ぶ生徒がいるようである。

呆れて驚く限りである。スズメがタカを

名乗ることに似ている。タカは孤高で、

街中の落ちたコメは食べない。狩猟した

スズメやハトを食糧とする。ブタのように何でも食べて太るだけ太るのではない。私にはさんざん、オトコとは?サムライとは?など言っておきながら、この

イヌ以下の行為は何とした事であろうか?タヒチの島でたった一回のエセを与えたイヌは私と妻が三匹の大型犬に囲まれて困っている時に横から現れて、助けてくれた。このイヌは輪廻転生で人間に生まれ変わり、このオトコはイヌ以下の

動物か虫に生まれ変わるだろう。

人間の心を持たぬ者はそれ相応に、イヌでありながら、一宿一飯の恩を返すイヌは相応に人間と生まれ変わる。人の行為は怖ろしい。悪因悪果となって自分の身に降りかかる。

広告を非表示にする