読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横綱と私のケガ

最近、とても話題になった横綱が左腕の大怪我をしながらも優勝して有名になった。横綱と私を比較するなど、とても僭越で申し訳ないが、同じようなケガをしたとして聴いて欲しい。実は私も左腕を大骨折をして、今思い起こしても無謀なことをしてしまったと反省をしている。家の階段を登っている途中、悪くなっていた左膝が突然硬直して左足を踏ん張ってしまい、階段から真っ逆様に落ちてしまった。無意識の内に左手を頭の下に入れていたので頭で自分の左腕を打ちつけて、手首近くの橈骨と尺骨の二本を折ってしまった。痛みはその時は無かったのであまり大した骨折ではないと思い、その晩はそのまま寝てしまった。が夜寝ていると猛烈な痛みがあって眠れない。当時私の妻が病氣で寝た切りで、看病と介護があり、患者も診察していたので医者、病院にも行かずに介護と診察を右腕一本でしていたのであった。一、二ヶ月ほどしてやっと病院でレントゲンを撮ってもらったところ、手首近くの橈骨と尺骨の二本が折れて、レントゲンにはもう写っていないと言う。どうりで、眠られないほどの痛みであったかと思い、手術も今では無理だと言われてそのままにして置いた。不思議なことにそれだけの大骨折であったが、もう痛みはない。それから一カ月ほどして、触って見たら、写っていないはずの骨の部分が硬くなっているので驚いてもう一度レントゲンを撮ってもらうと、二本の骨が現れて写っていた。トカゲの尻尾のように再生していたのであった。手首の形は大きく変形していたが、あとはリハビリで動きを回復しようと思っている内に、日本への帰国が決定して、帰国後、初めて、病院で修復手術を経て、今に至っている。今だにシビレは残っているが、当時よりも痛みは無く変形も大分良くなった。骨折の当時は手首の腕を握ると何も無く、左手がブラーンとなった状態で、腕は通常の三倍ほどに腫れあがっていた。普通なら、即大手術を受けて、一週間ほど入院していたはずであったが、私には妻の介護と患者の診察があるので、許され無かったのである。何故こんなに軽度な処置で済んだかと今思えば、長年の氣功の鍛錬のおかげであったと思われる。氣血の流れが良くなっていて、細胞の再生能力が旺盛になっていたと思われる。その前にも裸足の上に割れたドンブリが落ちて静脈を切ってしまった時も、消毒後、漢方の軟膏を塗ってサビオのテープで固定していたら十日ほどで完治して傷跡も見えないほどに良くなっていたのである。このように氣を鍛錬すると治癒能力がアップするのである。この横綱も相撲はある意味で氣功をしているようなものなので、再生能力は充分に備わっているはずである。だから、次の場所では横綱の力を発揮できると思う。勿論、瞑想を毎日欠かさずする必要があるが、食事の後に寝ていると、身体の回復も早まるので大丈夫とは思う。

広告を非表示にする

リラックスと緊張

勁空勁の際、相手を吹き飛ばすほどの氣の力を作るには、リラックスと緊張が必要である。野球のバッターを見て欲しい。ホームランを打つ前はジッと構えて動かない。そして極限まで体の力を抜く。体を緩める。好きな球が来た瞬間、体の筋肉を一気に爆発させる。軸足を最大の筋力でその力を体、腕、手首、指に伝えて連動させて、バットまで全ての力を集約させるのだ。ホームランが生まれる。相撲も同じことである。相撲は意拳と同じ原理を使う。最大の力で押すのである。何があっても、前に出る。立会い前の力士を見てもらいたい。見て分かるように、なるべくリラックスして体はフニャフニャである。そして立会いの瞬間、一気に相手にブチかますのである。力士の腹は食事と訓練で大きくなって重心は下がりに下がっている。相手を浮き上がらせる為である。勁空勁のワザをそのまま伝えている我が尤氏長寿養生功には同じ原理で勁空勁をかける瞬間、野球や相撲と同じように直前まで体はフニャフニャでリラックスを保っている。が相手と接触する瞬間は筋肉の力を接触する個所に集約させて相手を吹き飛ばすのである。もちろん、その後はリラックスして、氣を最大規模に出して相手をコントロールする。言うは易し、行うは難しである。最初のうちは、私は失敗の連続であった。トライアンドエラーの毎日で技術を磨いたものだ。相手の頭が私の顔の鼻に当たって鼻血を出した時もある。一朝一夕にはいかないものだ。野球や相撲に限らず、他のスポーツにも同じ原理が通用するはずである。このリラックスと緊張は相反するエネルギーを上手く使い分けてミックスして人間の持つ可能性を最大限に発揮するということである。動の極のジャンプと静の極瞑想を人間の身体と精神に取り込んで氣を蓄えて人間の能力を最大限に発揮するのであるから、応用出来るのは武術の範囲内に止まらない。凡ゆる分野に応用出来る。未来のスーパーテクニックだ。この原理が分かった者だけがこの未来のスーパーテクニックを共有できるのである。私の先輩とこのことで話しするといつも徹夜であった。今でも思い出す。

広告を非表示にする

お願い其の二

後援会の件であるが、入会いただいた方には特典がある。後援料は年会費一万円だが、講習会に一年に一度、無料で参加できる。誰よりも優先的に参加できるのである。この類い稀な東洋の至宝となる尤氏長寿養生功を絶やさぬよう、後世に残せるようにこの武術文化、技術を正しく残せるように、多くの方が太田氣功道場を助けていただきたい。我欲のみ満足させる輩を排除するに助けていただきたい。

広告を非表示にする

お願いがある

以前からホームページにも掲載しておいたのではあるが、皆さんにお願いがある。動画と太田道場後援会のことである。このブログ記事開始の主旨はあのニセ尤氏意拳の団体の糾弾であった。今ではたった五ヶ月ほどでトータルアクセス件数が五千回を超え、かなりの反響があった。そこで、糾弾の手を緩めずに次なる段階の糾弾をする予定だ。もう少しの資金が必要なのである。講習会の動画を有料でご覧いただきたい。そして後援会に入会いただきたい。集まる浄財は誰かのように贅沢や高級車、酒と飯に消えることは決してない。尤氏意拳の糾弾と健全な太田氣功道場の運営に使わさせて頂く。この非道な行為を犯して、何の反応も無く、ただ逃げ回る尤氏意拳の団体の長である神田真澄こと神田吉隆を糾弾するに資金もいる。時間もいる。これは善と悪の闘いである。多くの賛同者を結集してますますの包囲網を縮めなければならない。悪ばかりがはびこる日本の社会に社会のルールを守らない者、カネをうす汚い方法で掠め取って逃げ回る者を日本の社会でのさばらす訳にはいかない。大勢の人の協力をお願いしたい。なお動画はとてもこの世のものと思われない内容である。尤氏意拳では決してマネの出来ないものである。

広告を非表示にする

人生哲学其の二

私が修行開始の時に感じたことは今考えるとそれは、私の直感であった。実はこれが非常に大事である。誰かを好きになるのに論理や方程式が必要だろうか?

最初の印象と直感で決まる。氣功は氣の鍛練であるので直感で始まり、直感で終わる。直感が全てである。その直感や内在する感覚を瞑想で育て上げるのである。この氣功を私が教えた者は直感でこの氣功が好きだと思ったのではないと思われる。私が出会った当時は私の道場に集まる道場生は五百人ほどであったので、それを見て、これは儲かる、と思ったに違いない。だから、訓練をせずに早く触らずに投げるワザを身につけたかったのである。師母に引き合わせた時も練習そのものより本人と師母のツウショットが欲しかっただけのことである。日本人にはばれることなどはないとタカを括っていたのだ。そういう一連の行為がこの氣功を好きでない、愛してはいない証拠である。本当に好きであれば、ブッ倒れるまでジャンプをして、師母の氣をトコトン味わう筈である。直感も内面の感覚もヘッタクレもある訳はない。計算と打算と損得勘定が先走る人間なのだ。こんな者にはこの氣功の面白味など理解出来ることはない。恋をして計算と打算と損得勘定で好きになったり、愛したりするだろうか?よほどのキツネでなければ、そんなことなどは出来ない。本当に好きなことをし続けているならば、いづれは、損得勘定に関係無く、テレビに取り上げられて金銭も手に入れられる。好きになれ、トコトン愛せよ、それは幸せな人生を歩む条件である。一時は、反対する者が現われる。好きなことをしている者は逆境を乗り越えることなどは簡単だ。余計な計算ずくをするので右往左往する。シンプルに単純に、柔道なら一つのワザを必殺技にして、例えば、体落としだけにする。あるいは、剣道なら、突き技一本に絞るなどである。そして直感を大事にするのである。

広告を非表示にする

私の思い出の人生哲学

今でも忘れられない修行の思い出がある。そしてその思い出は私のそれからの人生哲学となった。当時、少林寺拳法を辞めて、何か良い私に意味のある武術を探していた頃であった。尤氏長寿養生功の師母のことを聞きつけた私は、スグに師母に入門の許可を願い出たのであった。ぶっきらぼうで、無愛想な師母は私が、日本人であることを嫌った。嫌味な中国人女性の通訳が、まるで自分が師母のように、当分の間は、お前は監察監督下に置く。合格したら、入門を認めようとまるでドラマに出てくるセリフである。仕方無く、站椿が始まる。一切の何の説明も無く、低い姿勢で立て、絶対に動くな、と言って師母はその場を離れる。自分の体重を脚で支えるのだが、しばらく経つと首肩はガチガチになって、膝は体重の重みでガクガクして一時間が過ぎていた。殺された。師母が戻り、手をポンポンと打つ。站椿が終了した。体中、カチカチに強張って歩くことも出来ない。仰向けに倒れて痛くなった個所をさする。何だこれは?と考える。分かるはずもない。しかし、妙に、何か懐かしいような、ずっと前にやったような氣がして、よし、この武術氣功をやってみようと積極的な気持ちが出てきて、先輩道場生が宙を舞う光景を見た頃には、人間は、人生は非常にシンプルなことを難しく考えてより複雑にしている。簡単なことだ。好きなことをする。ただそれだけだと、妙に哲学的な気持ちになった。そして今でもその気持ち考えは変わっていない。私が武術を通して見てきたさまざまな人物で不幸せな者は好きでもないことをして不幸になっている。自分が関わる武術も本当に好きでやっているとは限らない。嫌いなことをすることは不幸なことである。私が一時期教えた男もこの氣功が好きであったとは思えない。好きであったのはこの氣功ではなく、カネであったのだ。好きであれば、この氣功の名を汚すことなどは出来ないはずだ。カネが好きなら、金融機関やカネを稼げる職業を選ぶべきなのだ。シンプルに人生を生きる方法には、好きと嫌い、するとしないの四っつしかない。好きなものを選び、好きなことをする。嫌いなことはしない。これは幸せになる近道である。好きと言っても、ただ単に好きであってはいけない。徹底的に好きになることである。恋愛と同じだ。そして浮気はしない。ずっと継続的に愛することだ。そこに楽しみが生まれて、生き甲斐になる。生き甲斐を人生の中で持つことは幸せなことだ。私はある事例を知っている。年老いて、杖をついたヨレヨレの老武術家は道場で弟子に稽古をつける時は、道場に入る前まで、杖をついてもカックンカックンと道場まで辿りつけないのでは?と思ったら、道場に一礼すると背すじはピンと伸びて足腰もしっかりと杖も無く、スタスタ歩って道場の中央にまで行ってしまう。この老人には武術が生き甲斐だったのである。私の師母も百歳を超えた時もそうであった。好きで愛するものがあれば、自分の生き甲斐になる。そしてそれは幸せな人生になる源になるとこの氣功を始めた時も今でも、思っているのである。死ぬまで同じことを思うだろう。

恩を返すイヌ、恩を仇で返す人間

以前、ホームページでも言っていたので、読んだ方や動画でも見た方もいると思うが、私がタヒチに行った時のことである。泊まった小さなホテルの私の部屋にウロウロしていたイヌに一度だけエサを与えたのだが、翌日夕方に私の妻と食事に出かけようとした時、大きな野犬三匹に取り囲まれてしまった。どうやって切り抜けようかと思案したその時、突然現れたあのエサを与えたイヌが吠えに吠えて、危機を救ってくれたのであった。私の人生で初めての経験である。一方、私が多くのお金と時間をかけてニッチもサッチもこの先真っ暗だった人間を助けたのであったが、その人間は私の道場生と道場を横どり、乗っ取ろうとしたのであった。この差は何であろうか?イヌは恩を返して人間は恩を仇で返す。このイヌが人間以上のイヌなのか、この人間がイヌ以下なのであろうか?私が感じて、思うには、この立派なイヌは、来世では人間に生まれて、この立派でない、不誠実で裏切る人間は来世でイヌ以下の形、動物か虫なのか分からないが、イヌ以上に生まれることはないのではないか?それがチベット密教や日本の神道の考え方である。この人間は大本教の信者でもある。私も大本教の信者であるが、お世話になった人を仇で返すことなど思ったこともしたこともない。ましてや、師匠に対して、そんな人間の道理に反する行為などするべきではないし、考えること、計画することなどは人間のすることではない。人生をどう生きるか、何に価値を見いだすか、生き甲斐を何に見いだすか。イヌは一度だけのエサに感謝する。人間は自分ではどうすることも出来ない状況を打開して貰ったことに、お金も使って貰ったことに感謝がない。皆さんはどう思うだろうか?