師母とダンスをした

あまりのカネだ吉隆の人間性の冷たさと酷さに憤慨する私は少し度を超えた表現があったと反省し、エネルギーを変えて笑い話をしてみたい。忘年会だったか新年会だったか、もう忘れてしまったが、どっちにせよ、パーtィの時である。音楽が流れて、師母が身体でリズムを取っていたので、また私が茶目っ気を出して師母、 Let's  dance!  と私が誘うと、嫌がらずに手を取ったのでダンスを始めたところ、師母の踊りは1930年代のもので、そんな踊りは私は知らないので、ただ動きに合わせて身体を動かしていると おまえは、下手くそだ!と言われて退散した。もちろんダンスなどしたこともない私には1930年代のダンスなど分かる筈もない。今となると、思い出しては、ニヤニヤする楽しく、滑稽な出来事ではある。道場生の中で、師母とダンスをしたのは、私くらいであったろう。

ハ、ハ、ハ、

広告を非表示にする