スポーツと武道

最近、日本のスポーツは調子がいい。若い十代の活躍が顕著なことは日本のスポーツ文化が発達して環境が整い、若者の能力が引き出され始めているのである。スポーツとは何かということを考える時に私は武術武道とは何かを考えざるを得ない。最近の武術武道はスポーツとなった。スポーツと競争は表裏一体である。ポイントを稼いで勝敗を決める。柔道剣道もポイント制で勝つ為に少々の汚い駆け引きは許される。日本拳法では面とグローブをつけてケガのないように工夫はされている。そして充分にダメージの認められる突き蹴りや投げに一本が与えられる。しかし、あとは、ポイント制であるからスポーツとしてしか受け取れない。すなわち、競争となる武術武道はスポーツとなる。武術の究極の目的は殺人、人を殺すことである。面とグローブをつけてポイントで勝敗を決めるなどではない。武術武道とは禅の修行のようなもので、禅に競争がないように武術武道には競争は無い。競争する対象があるとすれば、それは自分自身である。人の前で拳を上げてファイtィングポーズを取るような軽いものではない。あのニセ武術尤氏意拳の宗家の神田真澄改めカネだ吉隆はスポーツである日本拳法を武術と呼んでいるようだ。そのことを考えてみた事も無かったろう。上半身ハダカになって鍛えられてない筋肉をあさましくも見せていたが、武術家はそんな底の浅いことなどはしない。自称で武術家と名乗っているが武術家ではない。自分自身でもわかっていない。生活費の為に教えるから当たり前だが、、、。こんな自分でも良く分かってない者が教える武術でもないスポーツを武術として扱ってはいけない。入会してはいけない。またごまかし、ウソ虚偽である。ウソと虚偽は今だに続いている。本人の中で混迷をコントロール出来ないのである。勉強学習もしない。武術家ではないのだ。呆れる気持ちも無くなって、怒りがこみ上げて来る。

広告を非表示にする