私は宗家創始総師範ではない

私が一時期教えた者は自分で自分を

宗家創始総師範と自称している。

誰もそんな大げさな肩書きで呼んではない。師母も私もそんな名称をつけたこともその実力を認めたこともない。

自分一人で自分をそう呼ぶオトコのことを、何と言うのであろう?一人よがり、

ナルシストであろうか?実力経験も無ければ、自分で自分をそう呼ぶしかない。

しかし、武術武道の世界でそんなアホウなことをする者などいることなど、

誰が想像するだろう。現実のこの世の中にそんな者が実在しているのは事実

である。そんな狂った頭で本当に

神の武術などと言って、新しい武術団体を立ち上げることなど出来るのであろうか?私は自分を宗家創始総師範と呼んだ

ことはない。神意拳を創立したけども、

自分が宗家創始と思ったことも名乗ったこともない。尤氏長寿養生功の内容を

教わった通り、道場生に伝えて私が

開発したワザと訓練でいかに短期間のうちに早く道場生が上達出来るかと

毎日考えて教えているので自分を宗家創始総師範と呼ぶ理由も傲慢な心も無い。

日本で今現在、私は信頼する、心が純粋で、この氣功のチカラを信じてこの氣功を愛する道場生に教えるだけで幸せを感じている。私も道場生もお互いに幸せを感じていると信じている。私と道場生が信頼関係で結ばれている。特別な

空間、世界なのだ。